放送局日記について

放送局日記では、番組内容やパーソナリティの近況報告、イベント、番組プレゼントなどの最新情報を随時ご紹介していきます。
RSSで最新情報を受信するRSSで最新情報を受信する

番組紹介&パーソナリティ

イベント情報

スポンサー

カタリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

放送局日記内検索

放送局日記・第3回 番組審議会議事録

第3回 番組審議会議事録

●過去開催分
■第1回 平成19年3月20日 ■第2回 平成19年5月20日


第3回 番組審議会議事録
開催日時 平成19年7月26日(木曜日)
開催場所 大阪府豊中市上新田1-24 パークヒルズM棟
出席委員 出席委員数  6名
議題 FM千里 制作のスタッフより7月からの一部変更番組の概要、防災に関しての取り組みについて説明、
広告ツールとして「のこりん」を作成したと報告した

■番組「新番組 新コーナーについて」

■各委員の意見は次のとおり

・皆が参加できるような形にしていき、自由度の高い地域性を
大事にしつつ時代背景を敏感に反応できるような番組を
作っていくべき。
今のところは編成されてうまいこと番組を作っていると思う。
現代は、テレビ・ケーブルテレビ等の選択の幅が広い。
コミュニティFMはコンビニエンスストアのようなもので、その地域の人達が
欲しがる情報が直ちに聴いて取れるようにしていけばいいと思う。
新コーナーで、走りながら取材をするコーナーがあると言っていたが、
現場へ行って情報を吸収してくるというのは面白いと思う。
小さなテーマであっても、ローカルだからこそ大きく感じられるし面白いと思う。

・高齢者安心ホットラインというコーナーは良いと思う。
ずっと流していると時々ポンと意識が戻るときがあると思う。
誰の名前でも良いからアットランダムに、名前を呼びかけてみても面白いと思う。

・FMは個人対応ができないので事業的に考えると、スポンサーをつけて
いくための番組を作っていってはどうか?テーマ・ターゲットをどう攻略して
いくかが 大切だと思う。先見性を持って編成をしていかなくてはいけないと思う。

・高齢者向きのコーナーも大切だと思うが、そればかりではなく、
同じように子供向きの情報を流してみたり、放送時間も一定の時間では
なく、いろんな時間に分散してみたらいいのではないだろうか。

・高齢者向きのコーナーは、とてもよい。付け加えるとすれば、
今は住宅・寝たきりの高齢者に目を覚まさせるような放送をしてもよいの
ではないだろうか。


■会社側の回答として次の通り述べた。
・市民に密着した内容で、リスナーがもっと身近に感じるような放送を流していきたい。
民間で運営していくためにはある程度の方向性が必要であるが、
・コンセプトを明確にしつつ、いろんなジャンルを混ぜていきたいという旨を伝えた。

次回開催
予定
平成19年8月後半開催予定



平成19年7月26日
千里ニュータウンFM放送株式会社 番組審議会