• ホーム >
  • 放送局日記 >
  • 2020年11月3日(火)『文化の日に送る日本文学作品の数々の朗読』

放送局日記について

放送局日記では、番組内容やパーソナリティの近況報告、イベント、番組プレゼントなどの最新情報を随時ご紹介していきます。
RSSで最新情報を受信するRSSで最新情報を受信する

番組紹介&パーソナリティ

イベント情報

スポンサー

カタリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

放送局日記内検索

放送局日記

2020年11月3日(火)『文化の日に送る日本文学作品の数々の朗読』

酒井寛子さんが代表を務め、今年で23年目に入った“名作朗読会”による朗読番組
『文化の日に送る日本文学作品の数々の朗読』を
午後5時~6時にお届けしました。

代表の酒井寛子さんによる朗読「蜘蛛の糸」からはじまり、
佐野京子さんによる「字のない葉書」

続いて、安森ソノ子さんで「すてきな母さん」「こころ」
吉村直貴さんによる「わらしべ長者」

尾家伸子さんによる「源氏物語より光源氏の誕生」
おしまいは、木下健さんによる「夢十夜より第六夜」をお送りしました。

お楽しみいただけましたでしょうか。

日本文化の向上と日本文学の発展を目標に、日本文学作品の発掘、
啓蒙、普及を目的とし、朗読活動を続けている名作朗読会。

今後の活動にもご注目ください!
img_8874.jpg

投稿日:2020/11/3/18/08/PM(18:08)

カテゴリー:ほ)放送局日記, と)特別番組のご案内, お)お知らせ | フィード:RSS 2.0 | コメント | トラックバック

このエントリーへコメントする