放送局日記について

放送局日記では、番組内容やパーソナリティの近況報告、イベント、番組プレゼントなどの最新情報を随時ご紹介していきます。
RSSで最新情報を受信するRSSで最新情報を受信する

番組紹介&パーソナリティ

イベント情報

スポンサー

カタリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

放送局日記内検索

放送局日記

2019年7月27日(土)長谷川昇の乾杯!マイ・ライフ

長谷川昇の乾杯!マイ・ライフ』、
お聴きいただけましたでしょうか?
会社の代表取締役の他、

NPO代表、そして……
ロックバンドのヴォーカルとしても活躍の長谷川さんが
音楽」、「暮らし」、「アフターナイト(お酒) 」情報をコンセプトに
お送りする1時間です♪ 

【 今週のMusic Box 】ピックアップアーティスト邦楽編

『 Class 』

今日の選曲は……
♫ 夏にかかるWedding Song 
♫ No!No!No!
♫ Mellow Prism
♫ 夏の日の1993

kanpai20197279.jpg

1993年、日浦孝則と津久井克行で結成されたClass。
プロデューサーには、「日本のサイモン&ガーファンクル」のようなイメージが
あったらしく、33歳の時にデュオでデビューします。
1996年に一旦解散、再結成するもその後解散ということで、
実際の活動期間は3年間ほどでした。

まずは、6枚目のシングル「夏にかかるWeddingsong」でスタートです!
kanpai20197275.jpg

スモーキーな歌声の津久井さん、明るい歌声の日浦さん。
全く違う声の特徴があり、それぞれ均等にパート割りして歌っています。
続いては、1995年の4枚目のアルバムから「No!No!No!」を(v^ー°) 
kanpai20197278.jpg

20年ほど前、アカペラグループのリーダーとして活動していた長谷川さんに
当時のプロデューサーが「これからはネオアコースティック・デュオの時代がくる。
例えば、Classのようなイメージ」と話したそう。
そこで1994年頃、なんばで行われたClassのライブを見に行ったという長谷川さん。
「女性ファンが多かった記憶があります。アコースティックの音がしっかり
響いて、2人の声のバランスが良かったのを覚えています」と・・・。

さて、番組では3曲目にはバラードをと1枚目のアルバムのタイトルチューン、
Mellow Prismをお送りしました☆
kanpai20197277.jpg

「最後はやっぱり、この曲をかけなければと思います!」と、
デビュー曲であり、大ヒットナンバーでもある「夏の日の1993」で締めくくりました。
夏のイメージも強いClass特集、いかがでしたか??
次回のMusic・Boxもお楽しみに(*^-゚)v 

**************************

【 ベスト・マイ・ライフ 】

今週は…
「 ほらほら探訪記 」

なんばに4月にOPENした『石見神楽なにわ館』をご紹介(v^ー°)
kanpai20197271.jpg

毎年6月に長谷川さんが出演される島根県で行われる蛍祭りに
神楽も出演していて、その迫力や素晴らしさを番組でも紹介していました。
そんな神楽の小屋がなんと!大阪はなんばに誕生しました。

石見神楽とは、島根県石見地方に伝わる神事の一つで
神話を題材に邦楽に合わせ、絢爛な衣装とともに舞を踊るものです。
kanpai201972713.jpg

そんな石見神楽に非常に感銘を受け、たくさんの人に知ってもらいたいと、
館長が常設で神楽を見ることが出来るなにわ館をOPENしました(・0・。)
もともとライヴハウスを運営している会社が手掛けている館は、音響や演出も
素晴らしく、臨場感があり本場さながらの石見神楽を見る事ができます。

現在の演目は3つで、1回の公演につき2演目披露されます。
長谷川さんが見たのは「おろち」と「えびす」、どちらも有名な演目です。
kanpai201972711.jpg

kanpai20197273.jpg

上演時間が本場より短めになっているため、演目の最初にスライドショーで
アニメによる演目の解説があり、初めて見る方にもわかりやすくなっているそうです。
「大阪では、女性の演者が多い事が島根との大きな違いですね。」と長谷川さん。
舞台との距離も非常に近く、迫力のある神楽を体感できる新しいスポットの
『石見神楽なにわ館』のほらほら探訪記をお送りしました~(^^)/
kanpai20197272.jpg

**************************
【 今夜おすすめのお酒情報 】

お酒をこよなく愛する長谷川さんが週替わりで
お酒に纏わるウンチクを傾けながら、
グラスも思わず傾けたくなるコーナーです♪

第4週は…[ 日本酒 ]

ご紹介したのは『 香川県丸尾本店 「 悦凱陣 むろか生」 』
「よろこび がいじん」と読むお酒で、阿州山田錦というお米を使い
精米度70%と低精米のお酒です。
kanpai201972710.jpg

金毘羅さんの近くにある酒蔵で非常に歴史が古く、高杉晋作や
桂小五郎が潜伏していたとも言われる酒蔵だそう・・・(・0・。)

さて、気になるお味は「非常に口当たりが滑らかで、お米のふくよかさが
強く感じられるお酒です。しっかりお米の旨みがあるので焼き鳥と合わせると
とても美味しいと思います」と、長谷川さん。
kanpai20197276.jpg

今回ご紹介したのは限定酒になりますが、香川県丸尾本店で製造されるお酒は
どれもとても丁寧な仕事でそれぞれの美味しさを感じられるとのこと。
是非、みかけた時にはお試しください(*^-゚)v 

**************************

{今週のお酒と楽しむ名言・格言エトセトラ}
運は、運ぶと書きよるね。
行動しないと運はついてこないというわけです。

By 藤本義一

**************************
【今週の1枚】
午後4時から5時までONAIRの「東哲平のMONO MUSIC QUEST」の
エンディングで、DJ東哲平さんとクロストーク!
kanpai201972716.jpg

夏にお勧めのお酒の話で盛り上がりました(^ー^* )
kanpai201972715.jpg

【担当D選曲リスト】
M1 Man&Woman/My Little Lover
(涼しげなボーカルが魅力の1曲からスタート)
M6 Summer Candles /杏里
(夏の夕暮れにぴったりのバラードで締めくくりました。)

さて、次回はどんなアーティスト情報お酒が登場するでしょうか?!
お楽しみに~~( ´・ω・`)ノ~~☆彡

メッセージはこちらから
FAX  : 06-6832-8370
E-mail : nocorin@senri-fm.jp

『長谷川昇の乾杯!マイ・ライフ』
毎週土曜日 午後5時~6時ON-AIR中♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦

投稿日:2019/07/30/9/27/AM(9:27)

カテゴリー:ほ)放送局日記, 終)長谷川昇の乾杯!マイライフ | フィード:RSS 2.0 | コメント | トラックバック

このエントリーへコメントする