放送局日記について

放送局日記では、番組内容やパーソナリティの近況報告、イベント、番組プレゼントなどの最新情報を随時ご紹介していきます。
RSSで最新情報を受信するRSSで最新情報を受信する

番組紹介&パーソナリティ

イベント情報

スポンサー

カタリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

放送局日記内検索

放送局日記

2019年4月13日(土)長谷川昇の乾杯!マイ・ライフ

長谷川昇の乾杯!マイ・ライフ』、
お聴きいただけましたでしょうか?

会社の代表取締役の他、
NPO代表、そして……
ロックバンドのヴォーカルとしても活躍の長谷川さんが
音楽」、「暮らし」、「アフターナイト(お酒) 」情報をコンセプトに
お送りする1時間です♪ 

【 ジャズおやじのMy Favorite Songs 】

今日の選曲は……
♫ Chicago/Stephane Grappelli
♫ Donna Lee / Jaco Pastorius
♫ You Don’t Know What Love Is / Eric Dolphy

kanpai20194136.jpg

ジャズ初心者の長谷川さんが、ジャズおやじこと上野隆男さんが
プレゼンするジャズの世界観と魅力に迫るコーナー第12 弾です。
今回のテーマは『トランペット、サックス、ピアノ以外がソロを取るジャズ』
kanpai201941371.jpg

まずは1971年演奏のStephane GrappelliのAfternoon In Paris
Stephane Grappelliのフランス育ちならではのエレガンスさが
プレーに反映されている1曲、ジャズでは珍しくヴァイオリンがソロを取っています。
kanpai20194134.jpg
【Jazzおやじコメント】パリ生まれであるジャズヴァイオリンの第一人者、
ステファン・グラッペリによるスウィングとエレガンスを兼ね備えた稀有なパフォーマンス。

続いては、天才ベーシストのJaco Pastoriusの登場です。
フュージョングループのWeather Reportで活躍した彼が
チャーリー・パーカーのビ・バップの難しい曲を軽々とエレキベースで演奏している
Donna Leeをおおくりしました。
kanpai20194135.jpg
【Jazzおやじコメント】ウェザーリポートで勇名を馳せた天才ベーシスト、
ジャコ・パストリアスによる初リーダー・アルバムから。ビ・バップの名曲を1曲目に
選んだことにジャズへの深い愛を感じる。難曲を軽々とかつモダンに料理してみせる
ジャコの超絶技巧にはただただ感服。

最後は、上野さんがジョン・コルトレーンの次に大好きだというEric Dolphy
「サックスが素晴らしく、バスクラリネットやフルートもふけるマルチ・プレイヤーで
前衛的な面もあり、かなりの鬼才です」と上野さん。
kanpai201941310.jpg

ちなみに、「彼のフルートを聴いてフルートを始めようと思った」という
上野さんのプレーヤーとしての原点でもある1曲のYou Don’t Know What Love Isを・・・。
kanpai20194133.jpg
【Jazzおやじコメント】アルトサックス、バスクラリネット、フルートを操る
マルチ・プレイヤーであるエリック・ドルフィーはアヴァンギャルドでありながら、完全な
フリー・ジャズともまた違う独自の道を歩んだ。これはヨーロッパで客死する直前、
フルートによって演奏したジャズ史上屈指の名ライヴ。

kanpai20194138.jpg
(11分を超える大作にじっと聴き入るお二方( ̄m ̄))

「ヴァイオリン、ベース、フルートとそれぞれの楽器が奏でるソロは
楽器の特色もしっかり出ていて、それぞれいいですね」と長谷川さん。
今回はJazzでは珍しい楽器がソロを取っている楽曲をセレクトしてお送りした
「ジャズおやじのMy Favorite Songs」、いかがでしたか??次回もお楽しみに(*^-゚)v 
kanpai2019413111.jpg

**************************

【 今夜おすすめのお酒情報 】

嗜む程度…??????( ‘ω’)?
…かどうかは定かでない(笑)

お酒をこよなく愛する長谷川さんが週替わりで
お酒に纏わるウンチクを傾けながら、
グラスも思わず傾けたくなるコーナーです♪

第2週は…[ カクテル ]

ご紹介したのは『令和』
いつもカクテル情報を提供していただいているとあるBarのオリジナルカクテルです。

ドイツの薔薇のリキュールを20ml、ドライシェリー45mlをしっかりシェイクして
完成するカクテルはうっすらピンク色でとてもきれいな仕上がり(*˘︶˘*).。.:*♡ 
kanpai20194131.jpg

さて、令和という名前のカクテルになぜ薔薇のリキュールが使われているかと言うと
令和が出てくる万葉集には「梅」が出てくるのですが、梅はカクテルには不向きで
梅の仲間である薔薇に注目。使用しているドイツのリキュールは、香料などではなく
純粋にものすごい量のバラをお酒に漬け込み造られたもの。

ドライシェリーが入っているので飲み口はスッキリ、薔薇の香りが華やかで
女性向きのカクテルに仕上がっています。
kanpai20194132.jpg

ちなみにシェリーはロンググラスなどでステアして作るカクテルでは重たく
うまく混ざらないことも多いのでしっかりシェイクして作るカクテルがオススメだそうφ(.. )
ちょっとしたカクテル豆知識も織り込みつつ、オリジナルカクテル『令和』を
ご紹介しました~ (v^ー°) 

**************************

{今日のお酒と楽しむ名言・迷言エトセトラ}

歳をとるのは当たり前。「抗う」よりも「受け入れる」。
By: ダフネ・セルフ

【担当D選曲リスト】
M1 Tracy/カフ・リンクス(春風が似合う軽やかPopsでスタート☆)
M5 Nothing’s Gonna Stop Us Now/Starship
(NO1ヒットのミドルテンポバラードで締めくくりました。)

さて、次回はどんなアーティスト情報お酒が登場するでしょうか?!
お楽しみに~~( ´・ω・`)ノ~~☆彡

『長谷川昇の乾杯!マイ・ライフ』
毎週土曜日 午後5時~6時ON-AIR中♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦

投稿日:2019/04/16/10/41/AM(10:41)

カテゴリー:ほ)放送局日記, は)長谷川昇の乾杯!マイライフ | フィード:RSS 2.0 | コメント | トラックバック

このエントリーへコメントする