放送局日記について

放送局日記では、番組内容やパーソナリティの近況報告、イベント、番組プレゼントなどの最新情報を随時ご紹介していきます。
RSSで最新情報を受信するRSSで最新情報を受信する

番組紹介&パーソナリティ

イベント情報

スポンサー

カタリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

放送局日記内検索

放送局日記

2018年9月12日(水) 北千里アワー

こんにちは★(^∇^)
北千里アワー水曜日担当の西岡葉月です!

今回のカルトークで紹介したのは、
種村有菜さんの『31 アイドリーム』です。

kitasenri0912.jpg


これは31歳の冴えないOLが「アイドリーム」という
不思議な薬を飲んで、15歳の少女に若返る
「逆・変身少女」ストーリーです!

主人公の出口千景は、年齢イコール彼氏いない歴の31歳OL。
15歳だった中学時代は美人でクラスのマドンナ的存在でしたが、
どこで間違えたのか時は流れて16年経ったいま、
趣味ナシ特技ナシ彼氏ナシ、
地味で冴えない「こじらせ女子」となっていました。

そんな千景はある日、中学の同窓会に参加します。
卒業式の日に告白してくれた憧れの人「ハルくん」と運命の再会になるかも、
と期待に胸を躍らせますが、会場で再会した女友達に
「彼氏いない歴31年でいまだに処女」ということを大声でバラされてしまったんです。
しかもそれをハルくんに笑われてしまい、
恥ずかしくて二度と同窓会なんていけないとすっかり落ち込んでしまいます。

次の日、そんな千景にさらに追い討ちをかけるように、
職場で喪女だとバカにされている自分の陰口を聞いてしまったり、
ハルくんがほかの同級生と付き合い始めたことを知ってしまいます。
そして人生終わった・・・と思った千景は川へ入水自殺しようとします。

もう生きていたくない、卒業式のあの日に帰りたいと
そう思いながら川へ入っていった千影でしたが、
偶然近くを通りかかった同級生の時北くんに止められます。
「15歳に戻って人生やり直したい」と泣いて言う千景に
時北くんからなんと「じゃあ15歳に戻ってみる?」と、とんでもない提案が。

製薬会社に勤めているという時北くんから渡されたのは
「アイドリーム」という若返りの薬。
一粒で5〜6時間、15歳前後若返る効果があるとされる物ですが、
国から研究を止められたほど未知の薬・・・
しかし薬が体にあったのか、それを口にした千景は
見事15歳の美少女だった頃の自分に変身を遂げました。

そして1日数時間の制限つきとはいえ、
「人生やり直すんだ」とわくわくしながら街に繰り出した千景でしたが、
いきなり見知らぬ男にどこかへ連れていかれてしまいます。
聞けばそこはとある撮影スタジオで、
千景はCM撮影をドタキャンしたというモデルの子と
人違いで連れてこられてしまいました。
そのまま成り行きで千景は代役としてCMに出ることになってしまうんですが、
その相手役が大人気アイドルの男の子でした。
ろくにテレビを見ない千影は知りませんでしたが、
彼は今をときめく国民的アイドル「バレンタイン」で
ナンバーワンのメンバーの響という15歳の男の子。

外見だけはハルくんにそっくりな響くんにドキドキしたのも束の間、
他人に間違えられた腹いせに響からCM撮影の最中に
人生初のキスをされてしまいます。

その後CMがテレビで取り上げられ、
千景は謎の美少女として注目を集めることになります。

そして千景は芸能界へスカウトされ、一度は断りますが、
時北くんから「変わりたいんじゃなかったの?」と背中を押され、
15歳の姿の時は「出口あかり」という名前でアイドルになる決意をします。

こうして千景は31歳と15歳、OLとアイドルという秘密の二重生活が始まるのでした・・・。

さて、この作品の見所ですけども・・・
やっぱり気になるのが恋愛面!(笑)

中学時代の初恋の人 ハルくん
唯一の秘密を共有する 時北くん
15歳 アイドルの響くん
・・・と、1巻の時点で3人も候補になりそうな男性キャラが登場します。
31年間彼氏ナシの千景に、春は訪れるのでしょうか・・・!

さらにこの作品は恋愛要素だけでなく、1
5歳の自分に若返ることで少しずつ自信を取り戻し
強くなっていく千影の姿も見所の一つだと思います。
薬で15歳に若返っても中身は31歳のそのまま
昭和女子というギャップも面白いです。

種村有菜さんの『31アイドリーム』は現在6巻まで発売中です。

ぜひ読んでみてください!

★★★★★★★★★★

それでは今回はこの辺で!
西岡葉月でした( ・∇・)ノシ



『北千里アワー』
毎週月曜日~木曜日午後4時~6時オンエア

投稿日:2018/09/14/14/17/PM(14:17)

カテゴリー:ほ)放送局日記, き)北千里アワー | フィード:RSS 2.0 | コメント | トラックバック

このエントリーへコメントする