放送局日記について

放送局日記では、番組内容やパーソナリティの近況報告、イベント、番組プレゼントなどの最新情報を随時ご紹介していきます。
RSSで最新情報を受信するRSSで最新情報を受信する

番組紹介&パーソナリティ

イベント情報

スポンサー

カタリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

放送局日記内検索

放送局日記

2018年9月12日(水)『ごきげん千里837!(やぁ、みんな)』

今週もお付き合いありがとうございました。
ごきげん千里837、水曜日担当の林優子です。

さて、今週のズームアップ吹田は3名の
素敵なゲストの方々にお越しいただきました。

9/22(土)~24(月) すてっぷ豊中で開催される
第12回 関西クィア映画祭2018。 
実行委員の、末原真紀さん 西木久実さん
キュレーターのおひとり、よりーさん

この3名の方々に映画祭についてお伺いしました。
g20189122.jpg

まず、クィアとは英語で「奇妙な」「変な」と言う意味で性的に
普通でないとされる人への蔑称何だそでうです。
では、この関西クィア映画祭とはどんな映画祭なんでしょうか。

それは、「性」をテーマにした映画祭。
「LGBTの映画祭」ではなく、広い意味での「性」であり「生」。
平たく言えば性的マイノリティーの為の映画祭ではなく、
誰でもが足を運んで欲しい映画祭。
性にとらわれず、それぞれの性格、趣味趣向を個性と捉えると、
LGBTの、とくくってしまうよりも入り口が広くなりますよね。

上映作品を選ぶにあたっても大事なことがあるそうです。
海外の映画を選ぶときの基準として白人、ゲイ、英語話者の
作品ばっかりにならないようにしているそうです。
なぜならそういう人たちは、セクシャルマイノリティーの中での
強者だからだそうです。だから、このクィア映画祭では16の国や地域から
短編作品も合わせて31の作品が3日間で上映されます。

今回映画祭では特集も組まれています。
「ろう×セクマイ映画があつい!」
全編が手話の映画、しかも女性同士の恋愛映画って
ご覧になったことはありますか?
そもそもろう者を主人公にした映画自体が少ない中、それを自分で作る!
作品にしたのが、この映画祭のパンフレットの写真にもなっている
「虹色の朝がくるまで」の監督さんなんです。
しかも、監督ご自身もろう者なんだそうです。
この作品は日本映画。ね、白人でも英語話者でもないでしょ?

さて、先ほども言いました通り、この映画祭では31もの作品が上映されます。
詳しいスケジュールは公式HPをご覧いただきたいのですが
どの作品も魅力的なラインナップとなっています。

お話を伺う中で心をうたれた言葉が
お目当ての作品と、もうひと作品観てみてください。
新しい発見が出来ると思いますとおっしゃっていたことです。

広い意味での性・生に目を向ける良い機会になると思います。

第18回 関西クィア映画祭2018は
9/22(土)~9/24(月)まで 
とよなか男女共同参画推進センターすてっぷ「すてっぷホール」
で開催されます。
ぜひチェックしてみてくださいね。
g20189121.jpg

さて、9月に入り少しずつ過ごしやすい気候になってきました。
季節の変わり目、体調管理にはお気をつけくださいね。

千里de川柳
今月のテーマは「防災」
皆さんからのメッセージと併せて作品をおまちしていますのでよろしくお願いします。

それではまた来週もお付き合いくださいね。

『ごきげん千里837!(やぁ、みんな)水曜日』
林 優子

投稿日:2018/09/14/10/17/AM(10:17)

カテゴリー:ご)ごきげん千里837, ほ)放送局日記 | フィード:RSS 2.0 | コメント | トラックバック

このエントリーへコメントする