放送局日記について

放送局日記では、番組内容やパーソナリティの近況報告、イベント、番組プレゼントなどの最新情報を随時ご紹介していきます。
RSSで最新情報を受信するRSSで最新情報を受信する

番組紹介&パーソナリティ

イベント情報

スポンサー

カタリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

放送局日記内検索

放送局日記

2018年9月12日(水)SENRI・STREET

みなさん😃こんにちはー。
センリストリート(水) はるのようこ です😸

★オープニングでは、こんなお話😃
9月は、夜が長くなる月 を意味する、夜長月から、
長月とも言われるそうですね。
また、紅葉月🍁 、菊月、 稲刈月 とま言われるそうです😊
9月の行事で、1番思い浮かべるのは、お月見🐰🎑🍶 でしょうか☺️
今年の 秋のお月見の日「中秋名月」は9月24日らしいですよ🌝
お月様のパワーをいただきたいですね❣️

★こんなのみつけた①は、9月7日(金)、
ダスキンミュージアムに行ったお話です🏢北大阪急行電鉄、
大阪メトロ御堂筋線 江坂駅・南改札口から西へ、徒歩約10分🚶

エントランスホールに入ると、とても爽やかな空気、さすがお掃除の
プロ会社、ホコリ1つないんですよー☺️👍お手洗い🚻も、
見事な清潔館!良い香り😻

2階の おそうじ館。お掃除の歴史・文化・お掃除道具について、
実物展示と詳しい解説で、分かりやすく学ぶ事ができますよ🎵
ss20189122.jpg

ss20189123.jpg

おそうじ館には、体験型シアターアトラクションの
「ダスキンダストバスターズ」があります🎵
ss20189121.jpg

このアトラクションは、戦闘機に乗って、ミクロの世界にワープ、
3面の大型スクリーンに専用シューターを向けて、
ホコリ・カビ等の 「敵」を 撃退します🔫約25分❗️
敵を撃破したら、ブルブルとシューターが振動しますよ👍
臨場感が、あって、本格的な映像☺️ゲームをしつつ、お部屋ごとの
汚れの解説、ハウスダストの怖さ、お掃除の大切さを学べますよ☺️👍
事前予約と先着順の当日枠がありますので、
詳しくはお電話などで、お問い合わせくださいね😃

人気のドーナツ🍩作りの体験🎵
事前予約が出来なかったのが、なんと、
ラッキーなことに、当日キャンセル発生‼️世界でひとつの
オリジナルドーナツを作ることができました🍩😊👍
ss20189124.jpg

ss20189125.jpg

★こんなのみつけた②は、9月9日(日)吹田市立公益活動センター
ラコルタ で開催されました、「ボランティア・NPO初歩講座」に
参加したお話です🍀90分の講座でした。

ラコルタ とは イタリア語で 「集り 収穫」
を意味する言葉だそうですよ🍀市民の応募で選ばれたそうです。

ボランティア活動は、ハードルが高いと思われてる方、
どこに相談すればいいのか?何をすればいいのか?悩んでいる方、
まずは、解りやすく解説してくださる、この講座に参加されたり、
ラコルタのホームページをチェックされてくださいね☺️🍀

★なかよしさんは、スリランカのモロトワ市から北東にある
「ピンナワラの象の孤児院」 🐘のご紹介です。
この施設は、ジャングルで親を亡くしたり、はぐれてしまった子象や、
怪我をして野生に戻れなくなった象などを保護して、
出来るだけ自然に近い形で広大な敷地で保護されるそうです。

3才以下の象の赤ちゃん🐘には、スタッフの方達が、
毎日、大きな哺乳瓶🍼でミルクをあげているそうですよ😃

午前10時と午後2時になると、象達は
孤児員から出て、道路を横断、地元の商店街を行進!🐘🐘🐘
大きな川へと向かいそうです。交通規制がかかったり、
象注意の道路標識もあるとか😲
水しぶきをあげたり、川に寝転んだり
😊この様子は観光客に人気のスポットだそうですよ🎶地元の人達にも、
特別な場所でスリランカの人々は象をとても愛して大切にされているそうです❣️
植物🌱しか食べない、ぞうのフンは繊維がたっぷり!紙を作るのに最適だとか👍
再利用して色んなアイテムが作られて、
お土産になっているそうですよ🎶
孤児院で育ったぞうは、やがて、寺院や、象使いのもとへ行くそうです🐘
幸せな人生をまっとうしてほしいですね✨

最後のフリートークでは、小麦粉などの粉類、乾物の正しい保存方法を
お伝えしました😃💡ストック棚や保存容器では、
ダニが発生しやすいので、冷蔵庫 で保存が、正しい方法だそうです💡
この機会に、お台所の棚のチェックをされてみてくださいね🍀

『SENRI・STREET』
月曜〜木曜日13:00~14:00放送

投稿日:2018/09/14/10/12/AM(10:12)

カテゴリー:せ)SENRI・STREET, ほ)放送局日記 | フィード:RSS 2.0 | コメント | トラックバック

このエントリーへコメントする