放送局日記について

放送局日記では、番組内容やパーソナリティの近況報告、イベント、番組プレゼントなどの最新情報を随時ご紹介していきます。
RSSで最新情報を受信するRSSで最新情報を受信する

番組紹介&パーソナリティ

イベント情報

スポンサー

カタリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

放送局日記内検索

放送局日記

2017年7月12日(水) 北千里アワー

みなさん、こんにちは!

北千里アワー水曜担当の植木美加理です。

夏といえば、皆さんは何が食べたくなりますか?

アイス・かき氷・ソーメン・ゴーヤ・オクラ……

夏野菜もたくさんありますが、夏といえばスイカ!

新鮮でシャリシャリした甘いスイカはたまりませんよね。

スーパーでスイカを選ぶときには

・黒い縞模様が濃く、はっきりとしている。
 なおかつ、縞模様が雷のようにギザギザとうねっている。
・種が白いものが少なく、黒いものが多い。

といった点に気を付けると比較的甘いものが多いみたいです♪

スイカを選ぶときにはこれらを参考にしてみてくださいね。

それでは今週のおさらいです!

【北摂伝言板 やってんねん関大! -おおさかまちさがし-】

今週のゲストは深井麗雄先生でした。

kitasenri0712.JPG


関西大学では7月2日、教育後援会の創立70周年記念式典がありました。

教育後援会とは大学に通う学生の保護者の方のための組織で
関西大学は日本の大学の中で一番最初に作られたんだそうです。

後援会には現在3万人近い方がいらっしゃいますが、
各種相談会や説明会に参加される方は毎年1万人を超えているそうで
大学と家族の結びつきを強く感じます。

今回の70周年記念式典は関西大学の高槻キャンパスにある
「たかつきアリーナ」で行われました。

このアリーナも設立10年、今年で11年目を迎えています。

注目は、式典のあとに行われたアイスショーです。

宮原知子さん・本田真凛さんといった関西大学にゆかりのある
選手の方々が14人も演技を披露されました。

特に宮原選手はリハビリ明けで初の公の場での演技ということで
当日は各メディアの報道陣が30社、約100人ほども集まったそうです。

宮原選手は5月から復帰に向けて練習を再開されていましたが
自分の感覚で滑れるようになったのはこの式典のつい1週間。

でもこの半年間で初めて足のことを気にせずに滑ることができた、
とおっしゃっていたそうです。

更に宮原選手のコーチのお話などもお伺いしました。

宮原選手はリハビリ中に、通っていた施設で
サッカーの長谷部選手など他の競技のスポーツ選手と
関わる機会があり、そこから学ぶことも多かったそうです。

フィギュアスケートとサッカー、全く違う競技ですが
スポーツ選手としての考え方など共通する点があったんでしょうか。

二人の間でどんな会話があったのか気になりますね!

深井先生、今回は貴重なお話をどうもありがとうございました。!


【北摂ぶらり】

吹田市の千里南公園に行ってきました。

kitasenri07121.jpg


阪急南千里駅から徒歩3分の場所にあります。

園内には16基の歌碑があり拓本することができます。

kitasenri07122.jpg


歌碑はすべて違う形をしていて、園内のあちこちにあるので
1つ1つ探しながら歩くのも凄く面白いですよ。

私のおすすめは円形広場にあった加賀の千代女の歌碑

「あさがほに 釣瓶とられて もらひ水」

kitasenri07123.jpg


文字のみが刻まれているものがほとんどの中で
釣瓶と朝顔の蔓の絵も刻まれていて可愛かったです。

更に健康器具もたくさんあるのですが
「健康歩道 フムトラーク」には大きな衝撃を受けました。

kitasenri07124.jpg


簡単に言うと足つぼの道なのですが、
大して痛くないだろうという甘い気持ちで試してみると
その痛さたるや……!

手すりを掴まないと前に進めないほどで
歩いた後はしばらくベンチから立ち上がれませんでした……。

しかし、足の裏を刺激することにより血行の促進につながり
更に集中力や足の靭帯、筋力、腰の強化にも繋がるということです。

千里南公園に行ったときにはぜひお試しください!

最後に、この番組ではメッセージやリクエストを募集しています。

メールアドレスはnocorin@senri-fm.jp
です。

どうぞお気軽に送ってみてくださいね。

それではこの辺で。また来週!

以上植木美加理でした。



『北千里アワー』
毎週月曜日~木曜日午後4時~6時オンエア

投稿日:2017/07/15/18/27/PM(18:27)

カテゴリー:ほ)放送局日記, き)北千里アワー | フィード:RSS 2.0 | コメント | トラックバック

このエントリーへコメントする