放送局日記について

放送局日記では、番組内容やパーソナリティの近況報告、イベント、番組プレゼントなどの最新情報を随時ご紹介していきます。
RSSで最新情報を受信するRSSで最新情報を受信する

番組紹介&パーソナリティ

イベント情報

スポンサー

カタリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

放送局日記内検索

放送局日記

カテゴリー「ふ)FRIDAY JAMS」

カテゴリー「ふ)FRIDAY JAMS」の記事をご覧いただけます。

2017年4月21日(金) FRIDAY JAMS

おそらく同年代の男子よりも
読んだ漫画の数は圧倒的に少ないと自負しています。
週刊少年誌も一度も買ったことがなく、
いくつかの定番人気作品も、ページすらめくらずにこの歳まできました。
そんな僕が、ここ最近漫画を読み始めました。
スマホって便利ー!
かさ張らないのでお手軽。寝る前や電車で読んでます。
今は宇宙兄弟にお熱。夢が膨らむ膨らむ。
自分のモチベーションアップにも一役かってくれています。
そんな宇宙兄弟ももうすぐ追いついてしまう。
次は何を読もうか。
でもやっぱり長期連載モノは腰が重いなぁ~。。
ワンピースやドラゴンボールにたどり着く日は来るんでしょうか。


Pumped Up The JAM
シンガーソングライターといえば
ギターのイメージを持つ人は多いと思いますが
今回ピックアップしたのは
ピアノマンのシンガーソングライター。
ビッケブランカです!
MVでは全くピアノを弾く姿を見せていないんですが笑
ライブは迫力のある弾きっぷりを見せてくれます。
立って弾いたり、座っていてもお尻が浮きそうなくらい激しく弾いたり。
時にはマイクスタンドを振り回しながら歌ったり。見ているだけで楽しくなります。
地声とファルセットを自在に操るボーカルも惚れ惚れしてしまうビッケブランカ。
聴いているとちょっと懐かしさも感じるんです。
クイーンっぽい。ビリー・ジョエルっぽい。MIKAっぽい。
影響を受けたアーティストの顔がちらつきます。
パクリという人もいるようですが、明らかにそれとは違うセンスの良さ。
次元を超えてきます。
5月にはツアーで大阪にもやってきます。
平成のピアノマン。その目でしかと見届けるべきでしょう!

BYムラタマサテル







食欲の春?!に反抗して、
ごちそうは避けて低カロリーなものを探しあさっている私です。
少しは身体が小さくなるでしょうか。。。

今週のPanorama de la Franceでは、
そんな私のように食欲そそられたくない人にピッタリな、
日本人が理解しがたい“フランス人が好む「食」”についてご紹介しました。
(ちょっとマニアックなお題だったかもしれません)

フレンチと和食は似ている・共通点が多々あると言われている通り、
フランス人と日本人の食の好みや味覚はとても近いと思っています。
だから和食好きなフランス人、フレンチ好きな日本人が多いのです。

しかーし、日本食でいう「くさや」や「干物」「納豆」など
どうしても外国人にとって(いや、日本人にとっても)
好き嫌いが分かれる食材ってありますよね。

国が変われば仕方ないものです。
フランス人が好んで食べる「Tartare de boeuf(タルタル ドゥ ブフ)」=
これは「牛肉のタルタル」というもの。
お?日本人にとっては読みやすく、しかも「牛肉のソテーにタルタルソース?!」
と思ってしまいますよね。
しかーし、これが落とし穴(笑)。
「タルタル」とは、生であることを忘れてはいけません。
ですので、「香辛料で味付けされた、生の牛肉の細かく切ったものに
生卵が添えてある料理」なのです。
ハンバーグの焼く前・・・いや、ユッケみたいなもの。
ミンチではなく刻んであり、新鮮さが命です。

Mr.ビーンの高級レストランのシーンでも使われていますが、
外国人が勘違いして頼んでびっくり!!な料理の一つです。

あとは、豚さんの顔や鼻を原型のまま使った料理など、
日本人にとって「うわっ!」と驚かされるものもあり、
フランス人にとっては魚やイカの頭付きと同じ感覚なのだそうです。

By.しらかわ



jams0421.JPG


ON AIR LIST

1 ど真ん中 / ウルフルズ
2 Happy / C2C feat. Derek Martin
3 Slave of Love / ビッケブランカ
4 Fake / Busted
5 One Sugar Dream / m-flo
6 Use Somebody / Kings of Leon


『FRIDAY JAMS』
金曜日16:00~18:00放送中!
パーソナリティー・村田匡輝
アシスタント・白川紗恵子

投稿日:2017年4月26日(水曜日)
カテゴリー:ほ)放送局日記, ふ)FRIDAY JAMS | コメントする

2017年4月14日(金) FRIDAY JAMS

桜も見納め。新緑の季節へ突入です。
ピンクからグリーンへ。
目に飛び込んでくる景色さえも愛おしい!
四季があるって素晴らしいことだなと、春は特に感じますね。
ところが今年はちょっと汗ばみませんか⁇
夜になっても気温が下がらない。

「4月5月のナイターはナメたらあかんで〜」
と、数年前の甲子園球場で、
ベンチコートを着込んだ先輩アナウンサーに言われたことがあります。
銀傘の下にある記者席は日中も陽が当たらない。
例年だと今の季節浜風もあって本当に冷えるんです。
ベンチコート要らず。となるとこれはありがたい!
かさ張らずにすむ→動きやすくなる→機動力が上がる
という計算ができる!
「うん。汗かいて行こう。そうしよう。」
自戒も込めて決意の春です。

Pumped Up The JAM
「オザケン」こと小沢健二さんをピックアップ。
49歳の誕生日でした。
今年2月、19年ぶりのシングル「流動体について」をリリースしました。
あぁ〜これこれ!これがオザケンだ!懐かしい〜!
そんな風に頷いたのは僕だけじゃないはず。
渋谷系の王子がそこにいました。
オザケンの魅力。というと、遊び心満載のポップなメロディーなのか。
小説のような深みのある歌詞なのか。飾らない素直な歌声なのか。
とにかく気がつくとその魅力に引き込まれています。
で、それが加速するのが春という季節。
オザケンは春に合うな〜と気づかされた2017年。
特にアルバム「LIFE」はぴったり。
LIFEを直訳すると生活。突き詰めれば生きるということ。
朝起きて夜寝る。これの繰り返しがLIFE。
そこにいくつもの彩りが加えられて、生きるということになるのかなと。
春は彩り鮮やかな季節。新しい芽が生まれてきます。
春とLIFEが密接にリンクして聴こえるのは偶然ではないはずです。

BYムラタマサテル







4月も半ば、花粉症も急に止まり、
むっくりした身体が少しすっきりした気がします。

この時期の休日、欠かせない作業は、
自宅でできる冬物のドライクリーニング♪

ダウンもセーターも、私の手にかかれば、
優しくふわっふわの仕上がりに!(型崩れのするものはムリですが)

家族の分を少しずつ、少しずつ。。。
晴れた日の「日陰」と「平干し」が絶対条件なので、
場所の確保と監視がはずせません。。。

そんな4月の第2回目の放送のPanorama de la Franceでは、
「フランス語」についてお話しました。
フランス語のルールといえば、まず名詞に男性・女性があること
(使う人が男か女かではなく、もともと決まっているのです)。

例えば音楽Musiqueは女性名詞ですがピアノPianoは男性名詞。
家は女性名詞ですが会社は男性名詞。
このように全てに分けられています。
(実際のところ、全部覚えるのではなく、
なんとなく読んでみて”しっくりくる”音の並びが
正解だということがわかってくるので意外に難しくないのです)

そして2つ目のポイントが、書いてあるスペル=すべて読まない!
これがフランス人にとっても厄介で、よくミスをします。

例えば、「明けましておめでとう!」は仏語で「ボナネ!」と発音はこれだけ。
ですが、書くと「Bonne Annee!」となります。
読まない単語には、無駄なようで女性名詞であることなどが見てわかります。

このような複雑さにしびれをきらした外国人のために、
昨年2400単語を単純化OKにしました。
ただ、単語には読みはしないものの、
その文字で言葉の歴史がわかったりと重要なこともあるため、
国内で反対派もいます。
その結果、今のところ教科書などの改訂はあるものの、
「どちらも正解」という状態のようです。

By.しらかわ



jams0414.JPG


ON AIR LIST

1 Learn To Fly /Foo Fighters
2 Ce qu’ il nous faudrait / Nolwenn Leroy
3 愛し愛されて生きるのさ /小沢健二
4 Damaged /TLC
5 Runaway /Jamiroquai
6 サクラ /大橋トリオ


『FRIDAY JAMS』
金曜日16:00~18:00放送中!
パーソナリティー・村田匡輝
アシスタント・白川紗恵子

投稿日:2017年4月19日(水曜日)
カテゴリー:ほ)放送局日記, ふ)FRIDAY JAMS | コメントする

2017年4月7日(金) FRIDAY JAMS

新番組「FRIDAY JAMS」1回目の放送、楽しんで頂けたでしょうか⁉︎
Music Jackに引き続き、さえこさんとのコンビでお送りしますよ〜(^^)
週末に向けて弾みがつくような番組FRIDAY JAMS
選曲もこだわりを!洋楽邦楽問わず、リクエスト待ってます^^

Pumped Up The Jamのコーナーでは
Nulbarich(ナルバリッチ)をピックアップ!
昨年突如シーンに登場し、大きな注目を集めたバンドです。
ソウル、ファンク、アシッドジャズをベースにしたサウンドが特徴で、
和製Jamiroquaiとか和製Maroon5とも評されています。
いい意味でのダルさ、セクシーさを感じます。
「心地よい」という表現が1番ぴったりじゃないでしょうか。
日本語と英語を巧みにミックスした歌詞も、
違和感なく耳に入ってくるんですよね〜
雨の週末、夕方の帰り道。
ナルバリッチを聴くには最高のシチュエーションだと思います。

来週もお楽しみに(^^)

BY ムラタマサテル






2017年4月から、新番組「FRIDAY JAMS」始まりました!

金曜日の夕方に聴いてほっこりして頂ければ嬉しいです。

関西も今週末から満開の桜に包まれますが、
桜を待っているのは私たち日本人だけではないのです。

私がフランスを覗いてご紹介する、Panorama de la Franceでは、
フランス人にとっての桜について、お話しました。
今やSAKURAで通じるほど、日本の桜は有名ですし、
フランスの有名ブランドにもSAKURAティーが並びます。

ただ、日本で桜といえば、ソメイヨシノやしだれ桜をイメージしますが、
フランスにある日本の桜は
八重桜(ふさふさっとぼんぼりのような。濃い色味)が一般的です。
ちょっと色のイメージが日本人と違うかも?!

また、驚くことにhanamiという言葉でお花見という意味が通じるのもすごいところ!

もともとお花見の起源は、毎年桜の咲く・散る時期でお米の収穫や
山の様子を教えてくれている山の神様にお酒や肴をお供えし、
そのお下がりを皆で頂くという歴史があるのだとか。

ただの酒盛り・お弁当開けてどんちゃん騒ぎ!ではないのですよね( ;∀;)

しかーし、フランス人のお花見の様子を見てみると、
買ったままのチーズやハム、
そしてワインを持ち込んで・・・まるでピクニック!!笑

お花見の「花」には「桜」だからこその意味があるということを
しっかり感じてお花見に挑みたいものです。

By.しらかわ


jams0407.JPG


ON AIR LIST

1 夕焼けのメロディー/Scoobie Do
2 Tous Les Garcons Et Les Filles/Francois Hardy
3 Whiskey Saga/The Fratellis
4 NEW ERA/Nulbarich
5 Gotta Stay High/The New Radicals
6 Fairground/Simply Red
7 PAIN/Cembalo feat. PUSHIM


『FRIDAY JAMS』
金曜日16:00~18:00放送中!
パーソナリティー・村田匡輝
アシスタント・白川紗恵子

投稿日:2017年4月11日(火曜日)
カテゴリー:ほ)放送局日記, ふ)FRIDAY JAMS | コメントする