放送局日記について

放送局日記では、番組内容やパーソナリティの近況報告、イベント、番組プレゼントなどの最新情報を随時ご紹介していきます。
RSSで最新情報を受信するRSSで最新情報を受信する

番組紹介&パーソナリティ

イベント情報

スポンサー

カタリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

放送局日記内検索

放送局日記

カテゴリー「ふ)FRIDAY JAMS」

カテゴリー「ふ)FRIDAY JAMS」の記事をご覧いただけます。

2017年5月19日(金) FRIDAY JAMS

初夏!カラッと爽やか!最高ですね~
もう1年中こんな気候だったらいいのになぁ~
音楽も生音が欲しくなります(^^)

我が家も扇風機の稼働率が微増傾向。
衣替えもしたし、夏を迎える準備を進めているんですが
見えないところが未だに冬仕様…
仕事机の足元には電気ストーブが出しっ放し。
単なる足乗せ台と化しています。
そして布団!これが問題で
シーツ替わりの毛布と分厚い掛け布団がでんと待ち構えています。
タオルケットはまだ寒いしなぁ~と、しまうタイミングを見失ってます。
夏と冬が混在する我が家。そういえば部屋着もTシャツにスウェット!
毎年いつ頃完全移行していたか覚えてません。
あなたのお家はどうですか?


Pumped Up the JAM
ルースターズをピックアップしました!
80年にデビューした、ひと世代前のバンドです。
ミッシェル・ガン・エレファントのチバユウスケさんや、
ベンジーこと浅井健一さんなど
名だたるロックミュージシャンが彼らへのリスペクトを口にしています。
それだけ大きな影響を与えたバンドです。
ところが一般的にルースターズがどれだけ浸透しているかというと、疑問符がつきます。
その原因が、リーダーでボーカルの大江慎也さんの病気が挙げられます。
精神科への入退院を繰り返し、ライブでも不調は明らか。
大江さんは85年に脱退。結局88年には解散してしまいます。

2002年の音楽雑誌に面白いコラムが載っていました。
ライターの根本桃GO!さんによる、BOØWYとルースターズの比較です。
「MCにおいて、大江はただ一言『こんばんは、ルースターズです』だが、
氷室は『ライブハウス武道館へようこそ』と言葉ひとつにも意図を込めてしまう。
(中略)この差、この隔たりは『ロックな佇まい』として途轍もなく大きい。
『佇まい』の語義とは『そこにある様子』ということであり、
大江の場合まさしく『そこにただいる』だけでOKという感じなのだが、
氷室の場合は『なんとかそこにいようとしている』という頑張りが伝わってきてしまうのだ。
佇んでいるだけでルースターズはロックだったが、
BOØWYはロックであろうと意図した分だけ中途半端なロックで終わってしまった。
しかし、広く受け入れられたのはBOØWYの方であった。」

「伝説のバンド」というと確かにルースターズの方がふさわしい気がします。
ところがルースターズは2004年のフジロックでラストライブを敢行。
大江さんもマイクの前にいました。
そして2014年にも出演。不定期ではありますが、今なおライブに出続けています。
カムバックしなければ伝説のままだったでしょう。
でも今のルースターズを生み出すためにライブをする。もがく。
何度も打ちひしがれながら立ち上がるボクサーのようなバンドです。
5月19日はボクシングの日でした。

BYムラタマサテル






急に暑くなりましたね! 
3週間前に頼んでいたスウェード生地の靴が届いて、
まさに「・・・・。」でした。見るのも暑い。。

さて、フランス大統領選が終わったのもつかの間、
世界三大映画祭の一つ、カンヌ国際映画祭が17日から始まりました。
今年はなんといっても、昨年のニースのトラックテロ事件から
初めての映画祭ということもあり、テロ対策・警備が厳重体制!

機関銃を抱えたフランス保安機動隊が待ち構えるうえ、
群衆にトラックで突っ込まれたりしないように置かれたものはなんと「巨大な植木鉢」。
バリケードより頑丈で重い植木鉢こそ、人を守ってくれると考えたようです。

そんな警備もあり無事に開幕しました。
なんといっても今年は日本勢の活躍ぶりが素晴らしいですね。
映画祭では、まだ脚本すらできていない作品も含めて売買されるようで、
バイヤーの腕と勘の見せ所。

また、何かと問題視されることが多いのもカンヌの特徴で、
今年の公式ポスターにはモデルを細く加工したことが問題となり、
また2年前にはハイヒールを履いていないとのことで
レッドカーペットを歩くことを許されなかったりと、
「差別」や「自由」といった言葉が飛び交いました。

そんなカンヌ国際映画祭は、28日まで開催されるとのことです。

By.しらかわ



jams0519.JPG


ON AIR LIST

1 You Ain’t Seen Nothing Yet / Bachman-Turner Overdrive
2 VOILA / Françoise Hardy
3 どうしようもない恋の唄 / THE ROOSTERS
4 Swamp Music / Lynyrd Skynyrd
5 GOOD TIME MUSIC / クラムボン
6 ナキムシのうた / 風味堂


『FRIDAY JAMS』
金曜日17:00~18:00放送中!
パーソナリティー・村田匡輝
アシスタント・白川紗恵子

投稿日:2017年5月22日(月曜日)
カテゴリー:ほ)放送局日記, ふ)FRIDAY JAMS | コメントする

2017年5月12日(金) FRIDAY JAMS

GWが終わるとやってくる5月のイベント、母の日!
おかんの日、お母ちゃんの日です。
毎年メールだけは送っていたんですが、今年はプレゼントを贈りました。
さくらんぼだったんですが、それに対しての母の反応↓

「きゃ〜!宅配業者さんが24粒の赤い宝石を届けてくれました‼︎」

小説家か!というツッコミをせずにはいられませんでしたよ笑 かわいい母です。
「いつもありがとう」って面と向かって言うのは恥ずかしいですけど、
文化がせっかくチャンスをくれてるんでね。
せめて1年に1回くらいは感謝を伝えたいですね。
おもしろい反応という見返りもついでに期待できそうです笑

Pumped Up The JAM
今回はインスト!歌とは違う魅力があります。
「あぁ、言葉なんてなくてもいいのか。」
そう思わせてくれたバンドがSPECIAL OTHERS。スペアザです。
95年結成、06年メジャーデビューの日本のインストバンド。
いろんなフェスへの出演や、ジャンルの垣根を越えた
アーティストとの共演などで活躍しています。
歌モノは歌詞があるので、情景やテーマをイメージしやすい。
ところがインストは歌詞がないので、テーマをイメージしにくいはず。難しいはずです。
でもスペアザは不思議と情景が頭の中にひろがってくるんですよね〜
歌詞がない分、楽器の一音一音に耳をすまして拾う作業が
自然と増えるのでそうなのかもしれませんが
自分の感じたままに染まっていく音が快感です。
ぜひ、フェスで生の音を聴いてみたい!

BYムラタマサテル






この一週間、フランスそして世界が注目したニュース。
『フランス大統領選・マクロン氏が最年少で勝利!』

感情的で情熱的な演説が印象的な
真っ赤なジャケットのルペン氏との対決になりました。

EU離脱や難民受け入れ姿勢、すべてにおいて真逆の意見で対立した2人。
どちらかになればフランスという国そのものどころかEU、
そして日本などのアジア、世界がいろいろと大きく変わることになる大事な選挙でした。

若者の意見の中でとても印象的だったのが「マクロン氏に当選してほしいけれど、
決して今のマクロン氏の考えに賛成しているのではないということが伝わるように、
少しの差で勝ってほしい」という言葉です。

「移民や難民、様々な問題を抱える人たちに対して、
最年少のエリートの道を歩んできたマクロン氏がどれだけ寄り添えるか」が
大きな点ではないでしょうか。
今回その他3人に投票した人たちの想いも酌んで、
素敵なフランスになることを願っています。
新大統領誕生=14日が就任式。

そんな14日は日本の母の日。
皆さま日頃の感謝をどのようにお伝えされましたでしょうか。

日本ではカーネーションが定番ですが、
フランスではカーネーションはお墓花のイメージがあるのです。
特に白色は。ですので、花束を渡すというより、
家族みんなで食事をするということが多いようです。

世界には、父の日・母の日がある国があれば、
女性の日とされている国もあったりと習慣や考えも様々です。

何より、「日頃の感謝の気持ち」を伝えることが大切なのではないでしょうか。

By.しらかわ



jams0512.JPG


ON AIR LIST

1 Angel City, California / Vintage Trouble
2 Wild Child / Enya
3 Parabola / SPECIAL OTHERS
4 サティスファクション / 真心ブラザーズ
5 三月生まれ / Pizzicato Five
6 Let’s Stay Together / Maroon 5


『FRIDAY JAMS』
金曜日17:00~18:00放送中!
パーソナリティー・村田匡輝
アシスタント・白川紗恵子

投稿日:2017年5月17日(水曜日)
カテゴリー:ほ)放送局日記, ふ)FRIDAY JAMS | コメントする

2017年5月5日(金) FRIDAY JAMS

FRIDAY JAMS GW EDITION!
お昼にお送りしました。のんびりとお送りした曲も祝日モードです。

僕が学生時代を過ごした北海道は、今がお花見シーズン。
桜が見ごろを迎えています。
道民にとって花見に欠かせないもの。それは鍋とガスコンロ!
寒いから暖まろう。ではなく、ジンギスカン。焼き肉です。
このお花見シーズンだけ、大きな公園に
ジンギスカンエリアが設けられる所も多いんです。
ジンギスカン用の鍋も、お店でよく見かける黒い鉄製のものではなく、
レジャー用のアルミ製。使い捨てで便利です。
公園は肉の焼けるジュぅぅ〜という音、食欲をそそる匂いが立ち込めます。

GWにBBQという方も多いんじゃないでしょうか⁇
お花見とBBQ。その名の通り美味しいとこどりです。
公園によってはその場で食材など全てを調達できる所もあるようです。
来年のGW、北海道でお花見&ジンギスカン、いかがでしょう⁉︎

Pumped Up the JAMもGWアフタヌーン仕様。
細野晴臣さんをピックアップしました!
はっぴいえんど、YMOでお馴染みの細野さん。
友人がドサっと。細野さんのソロアルバムをたくさん貸してくれました。
僕はYMOのイメージが強く、やっぱりテクノポップなんだろうな〜と思って
聴いてみたんですが、聴こえてきたのはヒルビリー&カントリー‼︎
ハリー・ホソノ&ザ・ワールド・シャイネス名義の
「Flying Saucer 1947」というアルバムでした。
バンドの生楽器演奏によるヒルビリーやカントリーのカバーが中心の構成です。
そして細野さんはボーカルとアコースティックギターを担当。
ベースじゃないんですね〜!
歌声は低音が心地よく、セクシーでダンディーです。
ゲストアーティストもUAさん、忌野清志郎さんと豪華。
ミッキー・カーチスさんもコーラスで参加している曲があります。
一言で言い表すと「ゴキゲン」なこのアルバム。
是非1枚通して聴いてみてください♪

BYムラタマサテル







こどもの日。庭には鯉のぼりが!!と書きたいところですが、
もうずいぶん昔の話。

最近あまり見かけなくなりました。

ゴールデンウィーク中は、親戚の出入りがあったりと
家でしなければいけない用事が多く、
あえて混み混みの街中には出たくないので、
日常の休日を楽しんだ私です。

フランスでも連休中、様々なニュースが飛び交いました。
なんといっても一番の注目は大統領選ですが。

今回は、フランスで最近起きた不思議なニュースをお伝えしました。

まず一つ目は「救急隊によって死亡宣告された女性が、
一時間後に検証しに訪れた警官の
心肺蘇生によって生き返る!」というとんでもないニュース。

ある持病もちの女性が倒れ、娘さんの通報によって救急隊員が呼ばれることに
。かけつけた救急隊が何をしても意識も脈もなく、一時「死亡」と判定されました。
しかし、その1時間後に訪れた警官が毛布をぱっとめくると、腹部が微妙に動いてる?!
これには警官の同僚たちもびっくり。まさに映画のようだったと話します。
治療中とのことで回復を願っています。

そして水の中でも不思議なことが。
フランス西部の水族館で「青いロブスター」が発見されました。
水族館に突然現れた青い子。親は一体だれ?という感じになりますが、
200万~300万分の1の確率だそうで、
その他にも左半身と右半身の柄が違うものや、
真っ白で色素を持たないクリスタルロブスターも世の中にはいるのだとか。

たしかにびっくりして食欲は失せそうですが、中のお味は変わらないのかもしれません。

By.しらかわ



jams0505.JPG


ON AIR LIST

1 Four Little Diamonds / Electric Light Orchestra
2 Story Of My Life / One Direction
3 PISTOL PACKIN’ MAMA / ハリー・ホソノ & ザ・ワールド・シャイネス
4 Go Around / DadaD
5 Trouble / Avicii
6 Soak Up The Sun / Sheryl Crow


『FRIDAY JAMS』
金曜日17:00~18:00放送中!
パーソナリティー・村田匡輝
アシスタント・白川紗恵子

投稿日:2017年5月11日(木曜日)
カテゴリー:ほ)放送局日記, ふ)FRIDAY JAMS | コメントする

2017年4月28日(金) FRIDAY JAMS

先日、大学からの仲間9人で高原へ1泊旅行に行ってきました。
BBQをして、夜はコテージで人狼ゲーム!
化かし合い、騙し合いです。
人狼だと悟られないよう余計なことは喋らないようにしたり、
見破られそうになっても堂々と弁明したり。
手を変え品を変え、脳をフル回転。
ところが全く勝てない‼︎
何故だ!何が足りないんだ‼︎
気づいていない癖でもあるのか!
みんなに理由を聞きました。
「村田はさぁ〜顔がなんか胡散臭いんだよね。」
目は口ほどに物を言うとはよく言ったものです。
すぐ顔に出ちゃうみたいで笑
結局多く勝ったのは、あまり乗り気ではなかった
おとなし目の女子でしたとさ。笑


Pumped Up The JAM
今週はレキシをピックアップしました〜!

レキシはその名の通り、歴史についての曲だけをやるという縛りを持つ、
池田貴史さんのソロユニット。
一見コミックバンドのようですが、名曲揃いなのでそうとも言い難い。
キャッチーなメロディーやリズムももちろんなんですが、
いろいろな仕掛けが散りばめられているので、
聴いてるだけで面白い。
「きらきら武士」の「武士 in the sky」という歌詞は
ビートルズの「Lucy in the Sky with Diamonds」と引っ掛けてるし
「妹子なぅ」は曲の雰囲気が、ゴダイゴの「銀河鉄道999」に似てる。
似てるなぁ〜と思って最後まで聴くと「Journey to the Star〜♪」
歌詞とメロディーをそのまま引用しちゃってます。

ライブはMCが抜群に面白い。ほとんどMCに時間を割きます笑
曲も間奏で脱線しまくります。
気づけばごく自然に他アーティストの有名曲になっていたり。
急な無茶ぶりに完璧に応えるバックバンドのレベルの高さにも驚かされます。
曲数は少ないのに、終わった後はお腹いっぱい。
魅力がこれでもかといっぱい詰まったライブパフォーマンスです。
6月からはツアーを開催します。関西にもやって来ますよ〜!
是非1度ご覧あれ!

BYムラタマサテル






4月も過ぎ、新居での新生活が始まって
慣れてきた頃の方も多いのではないでしょうか。

引っ越しなどすると、一番に部屋にほしいアイテムは
「カーテン」だと思うのですが、そうでもない人たちもいるようです。
Panorama de la Franceでは、
フランス人にとっての解放感とプライバシーについてお話しました。

パリの部屋にはカーテンがないお部屋もたくさん。
ベランダに出れば、狭いパリ市内に立て並ぶアパートの住人同士が
顔を合わすことも多々あります。
手を振れば振り返してくれる・・・
そんなフレンドリーな距離?!は良いのですが、
それにしても生活の流れを他人に見られるのはちょっと抵抗がありますよね。

不思議なことに、もともと綺麗なものや人、
魅力的だと感じたものや人をじーっと見ることが多いフランス人にとって、
「他人をじーっと見る」「他人にじーっと見られる」ことを
「平気どころか快感」と感じている人が多いように感じます。
小さい頃からの感覚かもしれません。

日頃から街中で、興味を持った美しい人やモノを見つけると
「見たい!」と思ってしまう私にとっても、
フランスでは遠慮なく「芸術鑑賞」のように見れるので(笑)、
なんだか気がラクだった記憶があります。
(本当にファッションショーから出てきた
モデルさんのような美しい人が多かったのです!)

今思えば生活しながら、
フランス人にとってのプライバシーとは何だ?!と
思うことがいくつかありました。

例えばリストルージュと言われる「非公開リスト」に登録申請しない限り、
自動的にイエローページだのホワイトページだのに
勝手に個人情報を載せられていたり、
郵便受けにはしっかり名前が記載されていたり、
「個人情報(保護)」とは一体どうなっているのだろうか?と
不思議に思うことが多々ありました。

日本もかつてはそんな時代がありましたが、今だと「大問題!」ですよね。

フランスに出入りする際には、ぜひ気を付けて頂きたいところです。

来週は午後1時からです\(^o^)/

By.しらかわ



jams0429.JPG

(今週はピアノを弾いてみました!)



ON AIR LIST

ON AIR LIST

1 Turn on Your Love Light / The Blues Brothers
2 Digital Love / Daft Punk
3 年貢 for you / レキシ Feat. 旗本ひろし, 足軽先生
4 Grapefruits / LOVE PSYCHEDELICO
5 Queenie Eye / Paul McCartney
6 追憶のライラック / 東京スカパラダイスオーケストラ feat. ハナレグミ


『FRIDAY JAMS』
金曜日17:00~18:00放送中!
パーソナリティー・村田匡輝
アシスタント・白川紗恵子

投稿日:2017年5月4日(木曜日)
カテゴリー:ほ)放送局日記, ふ)FRIDAY JAMS | コメントする

2017年4月21日(金) FRIDAY JAMS

おそらく同年代の男子よりも
読んだ漫画の数は圧倒的に少ないと自負しています。
週刊少年誌も一度も買ったことがなく、
いくつかの定番人気作品も、ページすらめくらずにこの歳まできました。
そんな僕が、ここ最近漫画を読み始めました。
スマホって便利ー!
かさ張らないのでお手軽。寝る前や電車で読んでます。
今は宇宙兄弟にお熱。夢が膨らむ膨らむ。
自分のモチベーションアップにも一役かってくれています。
そんな宇宙兄弟ももうすぐ追いついてしまう。
次は何を読もうか。
でもやっぱり長期連載モノは腰が重いなぁ~。。
ワンピースやドラゴンボールにたどり着く日は来るんでしょうか。


Pumped Up The JAM
シンガーソングライターといえば
ギターのイメージを持つ人は多いと思いますが
今回ピックアップしたのは
ピアノマンのシンガーソングライター。
ビッケブランカです!
MVでは全くピアノを弾く姿を見せていないんですが笑
ライブは迫力のある弾きっぷりを見せてくれます。
立って弾いたり、座っていてもお尻が浮きそうなくらい激しく弾いたり。
時にはマイクスタンドを振り回しながら歌ったり。見ているだけで楽しくなります。
地声とファルセットを自在に操るボーカルも惚れ惚れしてしまうビッケブランカ。
聴いているとちょっと懐かしさも感じるんです。
クイーンっぽい。ビリー・ジョエルっぽい。MIKAっぽい。
影響を受けたアーティストの顔がちらつきます。
パクリという人もいるようですが、明らかにそれとは違うセンスの良さ。
次元を超えてきます。
5月にはツアーで大阪にもやってきます。
平成のピアノマン。その目でしかと見届けるべきでしょう!

BYムラタマサテル







食欲の春?!に反抗して、
ごちそうは避けて低カロリーなものを探しあさっている私です。
少しは身体が小さくなるでしょうか。。。

今週のPanorama de la Franceでは、
そんな私のように食欲そそられたくない人にピッタリな、
日本人が理解しがたい“フランス人が好む「食」”についてご紹介しました。
(ちょっとマニアックなお題だったかもしれません)

フレンチと和食は似ている・共通点が多々あると言われている通り、
フランス人と日本人の食の好みや味覚はとても近いと思っています。
だから和食好きなフランス人、フレンチ好きな日本人が多いのです。

しかーし、日本食でいう「くさや」や「干物」「納豆」など
どうしても外国人にとって(いや、日本人にとっても)
好き嫌いが分かれる食材ってありますよね。

国が変われば仕方ないものです。
フランス人が好んで食べる「Tartare de boeuf(タルタル ドゥ ブフ)」=
これは「牛肉のタルタル」というもの。
お?日本人にとっては読みやすく、しかも「牛肉のソテーにタルタルソース?!」
と思ってしまいますよね。
しかーし、これが落とし穴(笑)。
「タルタル」とは、生であることを忘れてはいけません。
ですので、「香辛料で味付けされた、生の牛肉の細かく切ったものに
生卵が添えてある料理」なのです。
ハンバーグの焼く前・・・いや、ユッケみたいなもの。
ミンチではなく刻んであり、新鮮さが命です。

Mr.ビーンの高級レストランのシーンでも使われていますが、
外国人が勘違いして頼んでびっくり!!な料理の一つです。

あとは、豚さんの顔や鼻を原型のまま使った料理など、
日本人にとって「うわっ!」と驚かされるものもあり、
フランス人にとっては魚やイカの頭付きと同じ感覚なのだそうです。

By.しらかわ



jams0421.JPG


ON AIR LIST

1 ど真ん中 / ウルフルズ
2 Happy / C2C feat. Derek Martin
3 Slave of Love / ビッケブランカ
4 Fake / Busted
5 One Sugar Dream / m-flo
6 Use Somebody / Kings of Leon


『FRIDAY JAMS』
金曜日17:00~18:00放送中!
パーソナリティー・村田匡輝
アシスタント・白川紗恵子

投稿日:2017年4月26日(水曜日)
カテゴリー:ほ)放送局日記, ふ)FRIDAY JAMS | コメントする