放送局日記について

放送局日記では、番組内容やパーソナリティの近況報告、イベント、番組プレゼントなどの最新情報を随時ご紹介していきます。
RSSで最新情報を受信するRSSで最新情報を受信する

番組紹介&パーソナリティ

イベント情報

スポンサー

カタリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

放送局日記内検索

放送局日記

カテゴリー「は)馬場章夫のぼらぼら千里」

カテゴリー「は)馬場章夫のぼらぼら千里」の記事をご覧いただけます。

2017年2月18日(土)馬場章夫のぼらぼら千里

おはようございます。アシスタントの三枝雄子です。
今週のばんちゃんオープニングトークは⁈お家から
スタジオへ来る途中に街角ギャラリーがあるのですが
「今日は小学生の描いた家紋のような図形やったわ〜」と
直ぐそばには満開になった梅の花がいい香りを
させていましたよ!と千里中央東町の春の訪れを
ご報告いただきました!

さ、今週もばんちゃんはFM千里サテライトスタジオを
飛び出しぼらぼら探検をしてきました!取材させて
頂いたのは2.15(水)13:15ライフサイエンスセンター
ビルでいつも通り待合せをした前田Dとばんちゃん。
徒歩でモノレール千里中央駅へ!駅へ行く途中の
がんこ寿司のショーウィンドウのディスプレイがお雛様に
なっていたので、もう直ぐ桃の節句だなぁと思った
ばんちゃんでした。モノレール千里中央駅13:25出発⇒
蛍池駅で阪急電鉄に乗換えて阪急曽根駅に13:50着。
駅を東側に出ますと右側に大きなマンション。駅前には
モニュメントがあって、その向こう側に広がる商店の数々。
ばんちゃんの大好きなあんこタップリのあんパン屋さん!
美味しい讃岐うどんのお店!花屋さんがあって!
囲碁のお店!そしてモニュメント越しに駅前から
直ぐ見えます名菓『津の国屋』さん!目的地に到着しました!
ban2182.jpg

ばんちゃんをお待ち下さっていたのは
今回ご案内くださいました
名菓 津の国屋
三代目 山田 浩司(やまだ こうじ)さん

この度、取材させて頂いた『津の国屋』さんは
豊中市でも有名な和菓子と洋菓子両方が楽しめるお店。
グルメな和洋折衷スイーツの名店です。そんな
『津の国屋』さんには特別な特徴があります。今回は
そんな特徴を中心に3時間タップリお届けしました。

豊中市のマスコットと言えば大活躍中のワチカネワニの
「マチカネくん」由来は日本初のワニ類の化石第一号が
大阪大学豊中キャンパス内の柴原待兼(マチカネ)山の
理学部周辺の構内からほぼ完全な状態で発掘された事です。
マチカネワニは約45万年ほど前に日本に生息していた
大型のワニなんだそうですが待兼(マチカネ)山の地名を
取ってマチカネワニと名付けられたそうです。そんな
マチカネくんの焼印が押されたお菓子『マチカネどら焼き』が
話題の大人気商品だと聞きつけてやってきました
「津の国屋」さん!番組OA中にも『マチカネどら焼き』
ばんちゃんとサエグサも実食させて頂きました!
ban21824.jpg

なんて分厚いドラの皮!そして滑らかな
抹茶あんの中に丹波黒豆のごろっとした2つの
食感がなんとも言えないハーモニーで
とても美味でした(๑˃̵ᴗ˂̵)ですッ!
ban21825.jpg

他にも『生どら焼き』がありました!生クリームと
あんこの絶妙な取合せで何種類も味の種類があります。
ban21817.jpg

ban21818.jpg
コレはとても気になるのでサエグサ自ら
買いに行きたいと思って計画中!

2001年の「とよなか産業フェアマルシェカップ」では
最優秀賞を受賞し豊中市長から表彰されたことのある
「マチカネワニどら焼」はお店の一番人気の商品なんですよ。
ban2185.jpg

パッケージにも、どら焼きの皮にも可愛いマチカネくんの絵が
描かれています!という事で今回は豊中土産には
ピッタリの商品を開発された『津の国屋』さんに
お邪魔しました!入口を一歩入りますと!?なに!?
なに!?コレは何!?何やら不思議なものをばんちゃんが
発見しました!なんと!お店の中にマチカネくんが
デザインされたカラータイプのカラフルなマンホールが!?
ban21831.jpg

コレは!?どして!?ばんちゃんは聞いてみました!
するとココに地下に繋がるマンホールではありませんよと
三代目 山田さん。実は『津の国屋』さんで作られるご当地
スイーツのパッケージに使用されてる『マチカネくん』は
水道局のマンホールに描かれた『マチカネくん』を
採用しているそうなんです。そこで原点でもある
水道局のマンホールを譲り受けてお店の床に埋込んで
地域に根ざした象徴としお店を見守っています。
ban2184.jpg

マチカネくんのマンホールをトンと踏んで店内に入りますと、
店内にはカワイイパッケージの単品売りやご進物用の
和菓子がズラーッと並んでいます。豊中の地名や馴染みの
ネーミングのお菓子がたくさんあって、地元豊中への
地域貢献、地元愛がいっぱいのお店です。
ban2187.jpg

ban21810.jpg

実は『津の国屋』さんは和菓子だけではないんです!
なんと洋菓子も大人気なんです!プリン、シュークリーム、
ワッフルなどの洋菓子から焼き菓子までありました〜
ban21814.jpg

ばんちゃんが追取材でドラスクを買ってきて下さったので
サエグサはOA中に実食しました
「コレ美味しい〜♥︎サクサクでチョココーティングが絶妙!」
ban21822.jpg

ばんちゃんがもう1つ買って来て下さったのは
『シュウ皮のラスク』ひと口大のプチシューが軽くて
とても美味しかったです。
ban21827.jpg

この度、取材させて頂いた『津の国屋』さんは、
本店がモノレール柴原駅にもありますので、曽根店か
柴原店か近くにお住いの方は是非!遠方の方もお近くに
お越しの際は是非お店に足を運んでみてくださいね!
地域に密着した本当にステキなお店でした。今回の
OAをきっかけにより深く地域の名店を知って頂けたら
『馬場章夫のぼらぼら千里』一同とっても嬉しいです

お忙しい営業中に取材を受けて下さいました名菓
津の国屋三代目 山田 浩司さん、お世話になり
本当にありがとうございました。

■■■■■■■■■■
『飛び出せ!のこりん隊!』
梅本ゆうね ・ 大阪モノレールハイキング

こんにちは!キッズのこりん隊、小学5年生の
梅本ゆうねです。今回、私が行ったのは、
大阪モノレールと能勢電鉄が主催している、
第15回 大阪モノレール ハイキング』です。
knt170218-5-300×225.jpg

この『大阪モノレール ハイキング』は、
スタートの大阪モノレール、大阪国際空港駅から、
ゴールの、のせでん平野駅までの、
およそ13kmを歩くハイキングです。
この13kmは、経験者・上級者向けではなく、
初心者でも楽しめる、一般向けの距離なんだそうです。
この『大阪モノレール ハイキング』には、
友達や夫婦で参加されている人がたくさんいました。
その中の人に、「13kmは大変ですか?」と聞くと、
「楽勝!」と言われました。
秘けつを聞くと、景色を見て楽しみながら歩くと、
あっという間なんだそうです。
knt170218-6-300×225.jpg

この『大阪モノレール ハイキング』には、
714人の方が参加されていました。
私も、受付でもらったマップを見ながらスタートしました。
そのマップは、スタートからゴールまでの道が
わかりやすく書かれていました。
目印になる横断歩道やコンビニは、
吹き出しを使って書かれていました。
途中の道にも、黒いスタッフジャンパーを着ている人が、
わかりにくい場所に立ってくれていたので安心でした。
私は、スタートからおよそ2kmの「かめの森」まで行きました。
歩くのがすごく楽しかったので、機会があれば、
また行ってみたいです。
knt170218-8-300×225.jpg

■■■■■■■■■■

毎週土曜日ばんちゃんと一緒に
ぼらぼらとラジオ散歩に出掛けませんか?
「馬場章夫のぼらぼら千里」
来週も聞いて下さいね。

『馬場章夫のぼらぼら千里』
(提供:MC企画付属タレント養成所SAT
毎週土曜日10:00~:13:00放送中!

投稿日:2017年2月20日(月曜日)
カテゴリー:ほ)放送局日記, は)馬場章夫のぼらぼら千里 | コメントする

2017年2月11日(土)馬場章夫のぼらぼら千里

おはようございます。アシスタントの三枝雄子です。
今週のばんちゃんオープニングトークは⁈今週
番組のために図書館のレファレンスサービスを利用しょうと
ばんちゃんはいつも通ってる一番近い図書館、
千里図書館に本を探しに行ったらビックリしたそうです。
カウンターで手続きを待っている時、ふと壁に貼ってある
ポスターを見たら!ばんちゃんの写真発見!ただ今
千里図書館へ行かれますとばんちゃんのポスターと共に
ばんちゃんのセレクトした本が特別に特設コーナーが
ありますので是非是非行ってみて下さいね。

さて、先週は『日本妖怪研究所』の亀井所長さんと
ばんちゃんは妖怪話に花が咲き過ぎて、なんと!今週も
妖怪話って事になりました!妖怪のお話はどんどんご縁が
繋がるんですね〜亀井所長さんが大阪日日新聞に
連載されていました『大阪ロマン紀行』の妖怪スポットの中から
レクチャー頂きまして、今週は北摂エリアの妖怪スポットを
巡ることになりました。先週に引続き妖怪特集第2弾です!
北摂エリアには岸辺にある釈迦ヶ池や茨木の茨木童子、
箕面の泣き地蔵など色々あります。亀井所長さんは「馬場さん
妖怪は現地に行かないと!現状はどうなっているか!
現地の人はどう思っているか!が大切なんです」と、
ミッションを戴き、ばんちゃんと前田Dは北摂エリアの
妖怪ハンターとなりました。

ところで千里中央近辺のどこに妖怪伝説があるのでしょうか。
とても、とても、気になります。妖怪ハンターとなった、
ばんちゃんと前田DはFM千里サテライトスタジオを飛び出し
ぼらぼらと妖怪探検をしてきました!取材させて頂いたのは2.8(水)
前田Dとばんちゃんはライフサイエンスセンタービルでいつも通り
待合せをして、千里中央からモノレールに乗って柴原駅まで行きました
柴原⁈柴原に妖怪伝説あるんですか?柴原駅に着くと
駅構内にはモノレール博物館がありました。ばんちゃんが覗くと
ガラスケースの中にステーキ皿、ナイフとフォークがありました。
しかしお皿の上には電球?現代美術を楽しんだ後は、駅にある
近辺のマップを見るととてもお寺が多い町だと気付かされました。
高架である柴原駅から地上に降りますとモニュメントが
美しい池があって市立豊中病院があります。その病院側では
ない方に今回は向かいます。ステーキのどんがあります刀根山の
交差点。坂を登る辺りが刀根山という山でした。刀根山は昔お殿様が
居る砦があったそうで『殿山』と呼ばれていましたが、いつからか
『刀根山』と転じたそうです。刀根山には『曹洞宗 梅林寺』がありました。
ban2112.jpg

ban2111.jpg

《幽霊代官》
今回の目的地はここ『曹洞宗 梅林寺』です。
境内には大きな本殿があって、梅がキレイに咲いていたそうです。
実はここには『幽霊代官』という伝説がありました。
供養塔もあって調べたところ台座に「開国供養仏 元文四年九月
願主 浄誓」と書かれているそうです。浄誓とは旧南刀根山の
甚内という人の法名で、かつて因縁のなかであった代官の
早見治左衛門と供養するために地蔵を作ったと伝説があります。
ある日、薪割りをしていた甚内の割った薪が代官の早見治左衛門の
ところへ飛んできて争いになったが、代官に楯突いたとして
村人はみんなで甚内を他国に逃がしてお咎めを免れるように
逃がしてやりました。ところが治左衛門は半年後享保12年に
病気で亡くなりましたが、甚内との争いの事があって成仏できず
10年間も出奔して、富山県に逃げていた甚内の前に
幽霊として現われ、成仏できるよう梅林寺への取次ぎを頼んだそうです。

《首無し地蔵尊》

刀根山 梅林寺からまた少し登って、入り組んだ路地を
入ると地蔵尊さんがあります。周りには小さなお地蔵さんがたくさん。
ban2115.jpg

昔々、刀根山峠の辺りはよく追いはぎが出たそうです。
峠を通る人を襲って金品などを奪うという強盗です。ある日、
銭を渡すのが嫌で、激しく格闘して、追いはぎに惨殺された
旅人がいました。「手間をかけやがって」と強盗が思った時に
後ろに気配がしたので振り返るとそこにはなんとお地蔵様が
立っておられました。なんだ地蔵かと安心して強盗は「おい
地蔵このことは誰にも言うなよ」と言いますと地蔵さまは「わしは
言わんが、必ずおまえが自分でしゃべる」と言いました。
びっくりした強盗はしゃべられてはこまると思って、地蔵様の
首を切って近くの池に放り込んで逃げてしまったのです。
それから何十年も経って年老いた盗賊は村の寄合いで
調子に乗って自慢話として当時のことを話しました。慌てて口を
押さえましたが「人殺しに今も昔もあるか!」と皆んなに
捕まってしまいました。地蔵様の言った通りになってしまったのです。
その後村人が池の中をさがし地蔵の首をみつけて元の体に戻しました。
それが刀根山に伝わる首なし地蔵尊です。ばんちゃんも祠を
のぞいてみましたが首の辺りはしっかり確認できませんでした。
皆さま是非確認に行ってみて下さい。

とても寒かった刀根山を離れ、千里中央に戻ってきた
ばんちゃんと前田Dはもう1つの伝説を探しに行きました。

《千里 樫ノ木池》
ばんちゃんのお家の近くにはたくさんの池がありました。
ばんちゃんがよくお散歩で行く東町の「安場池」「長谷池」
もう1つ北町に『樫ノ木池』がありました。今は公園の中に
ひっそりと木々に囲まれて池がよく見えなくなっていますが、
昔々、深夜に池の真ん中に大蛇が住んで居て目から
サーチライトのようにビームが出るって⁈伝説が、あるそうなんです。
ban2116.jpg

ban2117.jpg

ban21113.jpg

池に隣接している樫の木公園は新しい遊具に
ban21110.jpg

健康遊具もありました。
ban21112.jpg

この度は、ぼらぼら千里の北摂エリアの妖怪を探検するに
際して色々レクチャー下さり亀井所長さん
本当に有難うございました。今回北摂エリアの妖怪伝説を
レポートさせて頂きましたが皆さまのお住いの町の妖怪伝説が
あるかもしれません。今回のOAをきっかけに、町の歴史と共に
町の妖怪伝説を調べて楽しんで頂けたら
『馬場章夫のぼらぼら千里』一同とっても嬉しいです。

■■■■■■■■■■
『飛び出せ!のこりん隊!』
辻夢華 ・ 服部緑地防災マルシェ

knt170211-5-225×300.jpg

knt170211-10-300×225.jpg

knt170211-8-300×225.jpg

今週は黄色のダウンで来たばんちゃん。
夢華ちゃんののこりんジャンパーとお揃い!と
記念撮影しましたよ(^^)/

ban211112.jpg

■■■■■■■■■■

毎週土曜日ばんちゃんと一緒にぼらぼらとラジオ散歩に
出掛けませんか?
「馬場章夫のぼらぼら千里」来週も聞いて下さいね。

投稿日:2017年2月13日(月曜日)
カテゴリー:ほ)放送局日記, は)馬場章夫のぼらぼら千里 | コメントする

2017年2月4日(土)馬場章夫のぼらぼら千里

おはようございます。アシスタントの三枝雄子です。
今週のばんちゃんオープニングトークは⁈以前FM千里で
取材させて頂きました、素晴らしいどこでもボランティアする団体
『どこボラ』覚えてらっしゃいますか?その『どこボラ』の皆さまが
発行されている広報誌『どこボラハッピーニュース』が100号を
迎えるという事で記念式典があったそうです。そこにばんちゃんも
お招きを受け参加されたご報告をオープニングで
お話し下さいました。何より皆さまの素晴らしいボランティア
活動にばんちゃんもとても賛同されていますので、取材以来に
再会してとっても楽しかったそうです。

さ、今週もばんちゃんはFM千里サテライトスタジオを
飛び出しぼらぼら探検をしてきました!取材させて頂いたのは
2.1(水)前田Dとばんちゃんはライフサイエンスセンタービルで
いつも通り待合せをしました、が何と!今回は!
番組はじまって以来初の遠くへ取材に!北摂、千里中央から
遠く離れたなんばへ向かいます!北大阪急行
千里中央駅から乗車し、地下鉄御堂筋線に乗入れてますから
なんばまでは乗換え無しの一直線28分!千里中央はとっても
便利な所ですね。料金は片道400円だったのでOA中
「片道400円の距離に取材行ったの初めてやなぁ」と、
ばんちゃん。駅を出るとそこは、なんば高島屋!そこから、
ひときわ賑やかな街を通り日本橋へ、電機屋さん、マンガ専門店
メイドカフェなど今やサブカルチャーの街、賑やかな街を
通り抜けて堺筋を渡り少し歩くと、ひっそりとしているのに
存在感のあるレトロなビルが見えてきました。そこが今回
取材させて頂きます目的地『日本妖怪研究所』に到着しました
昭和を感じるレトロなビルを見て、ばんちゃんは
「まどが丸くて船みたいでかっこ良かったわぁ」と言ってました。
ban2046.jpg

窓も扉も階段も昭和レトロでした。レトロな鉄の階段を
登ると2階に着きました。ばんちゃんは扉を開けると
ワクワクしたそうです。そこは妖気漂う不思議な場所で
歴史を感じるテーブル、天井まで本やDVDがビッシリ
詰まっていて、其処彼処に妖怪が居てばんちゃんを
迎えてくれている様に感じたからでした。

ばんちゃんをお待ち下さっていたのは
今回ご案内くださいました
日本妖怪研究所
所長/亀井澄夫(かめい すみお)さん

妖怪妖精アートサロン
企画制作/濱田 さち(はまだ さち)さん

この度、取材させて頂いた『日本妖怪研究所』は亀井所長が
代表取締役をされている(有)レベルの中にありました。
(有)レベルは出版・音楽・映像・イベントなどの制作を
されているオールマイティなクリエイティブな会社です。
何か文化的なことをしたいと思っても、どこに頼めばいいか
わからないという方が多いそうです。そんな時は亀井さんの
会社『レベル』にご相談下さい。そんな会社『レベル』の中に
妖怪が大好きな亀井さんは日本妖怪研究所を
立ち上げました。そして、妖怪・妖精にまつわる書籍を
たくさん企画して出版発行し、ファンの方々がより
楽しんで頂けるように妖怪や妖精のイベントを
たくさん開催されています。
ban2043.jpg
(ばんちゃんと亀井所長)

ここで、ばんちゃんの疑問「どうして日本妖怪研究所を
立上げようと思ったのですか?」妖怪との出会いを
お聞きしました。ある日突然妖怪大好きにはならないだろう、
きっときっかけがあるはずだと、ばんちゃんは思ったそうです。
それは亀井さんの小学生の頃にさかのぼりました。
お母様が買ってくれた水木しげるさんの漫画『 猫又』が
きっかけだったそうです。その時お母様は予言とも取れる
言葉を亀井少年に言ったそうです。「こんな本でも将来
役に立つ事もあるやろ」と不思議な本を快く買ってくれたそうです。
お母様の予言通り、それから今日までずーっと亀井
妖怪の世界に没頭『日本妖怪研究所』を立上げられ研究を続け、
怪の世界の素晴らしさを広く世間に広められたので
FM千里も取材オファーさせていただいたわけです。
お母様の予言通りとなりました。

兎に角、たくさんの妖怪話を亀井所長さんにお聞きしました。
怪と幽霊の違いとか、妖怪の定義とか、亀井所長さんの
妖怪講座にお越しになる生徒さんはほとんど女性だってことや
そんなに女性に人気の妖怪は妖怪『寝太り』だとか…
ban2041.jpg
↑こちらがねぶとり。

外にも向けドラキュラの研究をしたり、あ、
ドラキュラ講座は男性が多いそうです。その他は
妖怪に通づる妖精フェアリー、ティンカーベルや
シェークスピアの戯曲にも出てくる妖精パックなど、
妖怪を突き詰めて研究して行くと、たくさんの事が
見えてくるそうです。最近は、和妖精という100年後
200年後にも伝わる妖怪妖精を作る活動もされています。
そして、妖怪、妖精にまつわる『イルミタイ』というイベントで
落語や狂言にも繋げて行く活動にも発展しています。
そんなに想いを書籍に詰め込んで、亀井所長さんは
たくさんの本を出版され、イベントをされてきました。
ban2044.jpg
(レベルで出版した初の妖精図鑑)

妖怪は、江戸時代の文献にもあるそうです妖怪とかいて
バケモノとフリが付いていたそうですが日本中で
伝承されるたくさんの民話は、人間の理解を超える奇怪で
異常な現象や、不思議な事が起こったり、不可思議な
力を持つ非日常的・非科学的な存在のことを妖怪の
仕業だと思い込む事で解決させていたんですね。
妖(あやかし)または物の怪(もののけ)、魔物(まもの)とも
呼ばれたりしますが、妖怪は日本古来の八百万の神の
想とつながっていて、森羅万象全てのものに神の存在があり
怖かったり、分からないことはみんな妖怪にして納得してきた
日本人の考え方は、わたくしは大好きです。だからいい事が
あった時も八百万の神さまにお礼を言いたいですね。
滋賀県高島市出身ばんちゃんも佐用町出身のわたくし
サエグサも妖怪に守られた様な町に育ったので妖怪のお話
興味津々過ぎてOA中もワクワクが盛上り過ぎて、前田Dに
2人とも落ち着いて、落ち着いてと言われるほど妖怪話に
花が咲きました。妖怪といえば皆さま馴染み深
『ゲゲゲの鬼太郎』その中で前田Dが好きな妖怪は
『ぬらりひょん』『一反木綿』サエグサが好きな妖怪は
着物が似合うカワイイ『猫娘』ばんちゃんが好きな妖怪は
『ねずみ男』?あれ?なんだったかなぁ?全部好き⁈

亀井所長さんのおかげで、妖怪話に花が咲き過ぎて、
なんと!来週も妖怪話って事になりました!
妖怪のお話というのもご縁が繋がるんですね〜
亀井所長さんにレクチャー頂きまして関西の妖怪スポットを
巡ることになりました!リスナーの皆さま、お楽しみに!

この度、取材させて頂いた『日本妖怪研究所』は、本当に
面白い研究所でした。今回のOAをきっかけに、妖怪に
興味のある方は更に、興味の無かった方も、亀井所長さんの
出版された本を読んでみてはいかがでしょうか?
身近な場所に住んでいる妖怪くんや、妖精ちゃんの事をより
深く知って楽しんで頂けたら『馬場章夫のぼらぼら千里』一同
とっても嬉しいです。

お忙しいなか取材を受けて下さいました亀井所長さん、
濱田さんお世話になりました。本当に有難うございました。

【取材メモ】
江戸時代から妖怪一番人気で、亀井所長も好きだと話されていた
見越入道がこちら。
ban2042.jpg

取材で伺った時にはテレビにも妖怪が映し出されてました。
ban2045.jpg

■■■■■■■■■■
『飛び出せ!のこりん隊!』
田中莉穂 ・ 万博公園雪まつり

こんにちは!キッズのこりん隊の田中莉穂です。

今日は万博記念公園の自然文化園お祭り広場で行われていた
万博記念公園雪まつり」にお邪魔してきました。
私は毎年、スキーに行くのですが、
今シーズンはまだ行っていないので、久々の雪にワクワク…

雪原には兵庫県宍粟市から届いた天然雪がどっさり!
この雪原は15m×15mもの広さがあり、
オープン前は真っ白の雪がキラキラしてとても綺麗でした。
(オープンと同時に人だらけになりましたが(笑))
また、30分に一度、降雪車で人工雪を降らせてくれたので、
みんな大喜びで、降ってくる雪の下に入っていましたよ。
knt170204-1-300×225.jpg

knt170204-9-300×225.jpg

他にも人気キャラクターのステージショーや、
宍粟市、兵庫県香美町の物産展もあり、
物産展では新鮮な野菜や海の幸がたくさん並んでいました。
私はカニ汁を頂きましたが、甘みがあり美味しかったです!
knt170204-4-300×225.jpg

今日は暖かくて、雪あそびにピッタリのお天気でしたが、
寒い時にはストーブのある暖かいテントが用意されていて、
待っている大人にも優しいイベントでした。

この「万博記念公園雪まつり」は、
4日(土)5日(日)の2日間おこなわれていましたが、
毎年開催されているとのことでしたので、
今回行きそこねた方は、また来年、行ってみてくださいね!
knt170204-7-300×225.jpg

■■■■■■■■■■

毎週土曜日ばんちゃんと一緒にぼらぼらとラジオ散歩に
出掛けませんか?「馬場章夫のぼらぼら千里」
来週も聞いて下さいね。

『馬場章夫のぼらぼら千里』
(提供:MC企画付属タレント養成所SAT
毎週土曜日10:00~:13:00放送中!

投稿日:2017年2月6日(月曜日)
カテゴリー:ほ)放送局日記, は)馬場章夫のぼらぼら千里 | コメントする

2017年1月28日(土)馬場章夫のぼらぼら千里

おはようございます。アシスタントの三枝雄子です。
今週のばんちゃんオープニングトークは⁈
リスナーさんから先週の大雪が降った時車が雪で
すっかり隠れてしまった写真を送ってくださったので、
そのお話しの流れでばんちゃんは以前行った事がある
旅行先『シベリア』のお話でした。1926年シベリアで−72度と最低気温の
記録があるけれど、ばんちゃんが行った時は−60度だったそうです。
なんとシベリアでは−54度を超えると学校が休講したり、警報が
町中に鳴り響くそうです。とにかくなんでも凍ってしまうので
移動の道中も大変なんだそうです。

さ、今週もばんちゃんはFM千里サテライトスタジオを飛び出し
ぼらぼら探検をしてきました!取材させて頂いたのは1.25(水)
前田Dとばんちゃんはライフサイエンスセンタービルでいつも通り
待合せをして、今回はなんと!千里中央から出ている
『梅花女子大学直行バス』に乗って千里中央をシュッパーツ!しました。
ばんちゃんは「バスがカワイイんやで〜ピンク色のバスがプレゼント
包装みたいに真っ白なリボンで包まれてるデザインなんや!
進物みたいやった!」と、OAで言ってましたね。
ban1284.jpg

実は梅花女子大学はばんちゃんと前田Dが乗った
大阪モノレールの千里中央駅以外からも
阪急宝塚線の石橋駅、北大阪急行の千里中央駅、阪急千里線の
北千里駅、阪急京都線の茨木市駅、JR京都線の茨木駅とJR、私鉄、
地下鉄など5つの主要駅からキャンパスまでは無料のスクールバス
「エレガンスエクスプレス」が運行しています。三都の中心に位置する
最高のロケーションに梅花女子大学はあります。乗り物好きの
ばんちゃんはウキウキバス道中です。バスに乗ると阪大病院が
見えてきました。田んぼが広がるところを通過すると果樹園もありました。
しばらく行くとバスの窓から小高い丘の上に真っ白な高級マンション群が
見えてきた〜真っ白な建物の前には赤煉瓦の重厚な教会がありました。
ban1285.jpg

あ!バスが到着しました。そうなんです、
そこが目的地『梅花女子大学』でした。

番組OAでも取材音源を流させて頂きましたが、大学生の
元気な掛け声とともに、ばんちゃんの「わぁ〜」と驚いた声も
録音されていました。梅花女子大学と言えばCMでも有名な
チアリーディングチーム『レイダース』の熱烈な歓迎でした!
貴重なお昼休みに50名ほど居る部員の中から半分25名ほど集まって
『ポン文字』で「ようこそ〜」とお迎えいただきました!
ban1289.jpg

ban12810.jpg

ban12811.jpg

そして、そして、なんと!なんと!
「馬場さんものってみますか?」って「いえ、いえ、それは、
それは」と後ずさりしたばんちゃんでしたが!
天までばんちゃんのせていただきました!本当にビックリ!
ban12812.jpg

ban12814.jpg

ban12816.jpg

そして、学生会館。建物の入口を入りますと、そこはホテルの
ロビーのような、椅子がいっぱい並んでいて広いホールのような
スペースでした。そして、左に胡蝶蘭がズラリ!右には
フラワーアレンジがズラリ!と花に囲まれていました。
「何かお祝い事があったのかなぁ」と、ばんちゃんの予想は
当たりました!なんと!梅花女子大学と言えば更にCMでも
有名な梅花歌劇団『劇団この花』発表会があったそうで、
祝いに贈られた花が飾られていたんです。
ban12819.jpg

ばんちゃんをお待ち下さっていたのは
今回ご案内くださいました
梅花女子大学 学長
教授 長澤 修一(ながさわ しゅういち)さん

梅花女子大学/大学院
法人事務局 総務部資料室
安田 行秀(やすだ ゆきひで)さん

学校法人梅花学園
法人事務局 企画部広報グループ
荒井 友紀(あらい ゆき)さん

学校法人梅花学園
法人事務局 企画部広報グループ
宗村 純江(むねむら すみえ)さん

この度、取材させて頂いた梅花女子大学は1964年に設置され、
地域に密着した大学として梅花と略され親しまれています。
その歴史は古く139年年前の1878(明治11)年に大阪で
最初の女学校として創設された梅花女学校を前身として
キリスト教の教えを大切にされている女子大学です。

1878年に開校した梅花女学校は創立者であります澤山保羅さんと
協力者の成瀬仁蔵さん、そのほか教会信徒有志らにより、
キリスト教主義教育を建学の精神とする梅花女学校が、
大阪の土佐堀裏町十番地に開校されました。

ここで梅花女子大学の名前の由来をお聞きしました。梅の花と
とても縁起良く美しい名前の由来をお聞きして梅花女子大学の歴史、
成り立ちによる分かりやすい理由だったのが印象的でした。
学校開設には澤山保羅さんが設立し牧師を務めてらした浪花公会
(現・浪花教会)と、その母教会の梅本町公会(現・大阪教会)の
教会の協力があつたので1文字づつ合わせて「梅花」と名付けられたそうです。
キリスト宣教師団によるミッション・スクールという感じではなく、
日本人教会と生徒費用で運営される国内初の自給学校で当時では
本当に大変なと事だとおもいます。当時の澤山さんの女性の自立こそが
日本を作るという熱意があったからこそ今の『梅花女子大学』に
繋がっているんですね。
世界に羽ばたく人材を育成する『梅花女子大学』は若い方の為に
SNSメディアも大変積極的にトライしてらつしやいます。
調べただけてセラピー犬の梅ちゃんTwitterをはじめ、梅花女子大学
Twitter、情報メディア学科や食文化学部の梅花歌劇団Facebook、
InstagramやYoutubeにも公式ページがあって携帯電話から
身近に情報をゲットできるってところが素晴らしいと思いました。

この度、取材させて頂いた『梅花女子大学』さんは、女性の
社会進出の為の原点を支え、すべてがチャレンジ&エレガンスな
ステキな大学でした。今回のOAをきっかけに、身近にあるステキな
女子大学をより深く知って頂き、お子様やお孫さんが進学する時
参考の1つになっていたら『馬場章夫のぼらぼら千里』
一同とっても嬉しいです。

お忙しいなか取材を受けて下さいました長澤学長をはじめ、
たくさんの皆さまにお世話になりました。本当に有難うございました。

■■■■■■■■■■
『飛び出せ!のこりん隊!』
梅本ななね ・ 服部緑地自然工作教室

こんにちは!
キッズのこりん隊、小学5年生の、梅本ななねです。

今回私は、服部緑地で、「服部緑地ファミリー自然教室」の皆さんが
開催している、『自然観察・自然工作からはじまる自然体験活動』
に行きました。

まず、工作の方に行きました。
木の枝が、作りやすいように切って用意してあって、
作る私たちにとって、とても作りやすかったです!
消しゴムくらいの大きさの鳥を作るのに、
12個の小枝や種を使って作るんですよ。
knt170128-1-300×225.jpg

鳥の目は、ヨウシュゴボウの種で作ります。
ヨウシュゴボウは、ぶどうみたいな実で、中には
種がいっぱいつまっているそうです。
そのヨウシュゴボウなどの材料は、服部緑地に
落ちている物なんだそうです。
中継が終わった後に、ボランティアスタッフの方から、
どんぐりのストラップをもらいました。
どんぐりのストラップは、つるつるしていてきれいで、
とてもうれしかったです。
knt170128-5-300×225.jpg

次に、観察に行きました。
「こどもの楽園」入り口にいるボランティアスタッフ
の方に案内してもらって、「山ヶ池」へ行きました。
その池には、池の方に突き出た、桟橋があります。
その桟橋から見ると、カモがとっても近くにいて見やすかったです。
knt170128-10-300×225.jpg

水鳥の種類が書いてある紙を見ると、服部緑地には、
9種類のカモがいるそうで、その内、私が見たのは、
3種類のカモでした。
まず、1つ目は「オナガガモ」です。名前の通り、
尾が長い鳥で、白と黒でとてもきれいでした。
2つ目は「オオバン」です。黒い鳥で、オスもメスも
同じ色をしているんだそうです。
その後に見た3つ目は「ヒドリガモ」です。頭が赤、
くちばしから下は白で、きれいに分かれていて、
とてもかわいかったです。
この3種類のカモが、とても近くまで寄ってきてくれました。
いろいろな鳥を見ることができて、良かったです。
knt170128-8-300×225.jpg

皆さんも、水鳥を見に、服部緑地に行ってみては
いかがですか?
■■■■■■■■■■
【取材メモ】
創設者の澤山先生の資料室には、澤山先生の写真をはじめ
様々な資料が展示してあります。
ban1287.jpg

ban12861.jpg

資料室の隣にあるチャペルでは1回生は必修で
チャペルアワーという授業をここで行っています。
ban1288.jpg

また、口腔保健学科では実際に最先端の機材を使って
実習を行います。
ban1283.jpg

中庭は春にはお花でいっぱいになるそうですよ☆
ban1281.jpg

毎週土曜日ばんちゃんと一緒にぼらぼらとラジオ散歩に
出掛けませんか?「馬場章夫のぼらぼら千里」
来週も聞いて下さいね。

『馬場章夫のぼらぼら千里』
(提供:MC企画付属タレント養成所SAT
毎週土曜日10:00~:13:00放送中!

投稿日:2017年1月30日(月曜日)
カテゴリー:ほ)放送局日記, は)馬場章夫のぼらぼら千里 | コメントする

2017年1月21日(土)馬場章夫のぼらぼら千里

おはようございます。アシスタントの三枝雄子です。
今週のばんちゃんオープニングトークは⁈
馬場家のお年玉事情のお話でした。
お二人のご子息も独立して女の子3人のお孫さんと
楽しくお正月を過ごされました。が、ふとお年玉事情に直面!
お子様の成長期もお年玉事情は奥様に任されていたので、
お孫さんが産まれた時に世間のお年玉事情を知らず、
ついばんちゃんは「年齢と共に毎年千円ずつアップや〜」と
言ってしまったそうで、現在5歳と4歳と0歳のお孫さん
「なんか毎年ドキドキするねん!」と急に将来が不安げに
なったばんちゃんが今更ですが「前田家はどないなってんの?
サエグサ家は?」とOA中にお年玉サミットが
開かれました。リスナーの皆様のお年玉事情はどんなだろ?

さ、今週もばんちゃんはFM千里サテライトスタジオを飛び出し
ぼらぼら探検をしてきました!取材させて頂いたのは1.18(水)
前田Dとばんちゃんはライフサイエンスセンタービルで
いつも通り待合せをして、今回はモノレールに乗って
15:06千里中央をしゅっぱーつ。

ばんちゃんと前田Dはモノレール千里中央駅からモノレールに
乗ってに揺られること10分。番組の取材でもう何回も
訪れております「阪急庄内駅」で下車し北口から出ました。
まずは町をぼらぼら探検、お!バターの香ばしい香りが
広がっていました!ふと見ると道の向こう側に『ル・クロワッサン』
クロワッサン屋さんがありました!北方面にむかいますと、
左側にチロリン村って居酒屋さんがあって、ジャンカラが
見えてきました。そんな時に頭の上を「ゴォー」と飛行機が
通り過ぎました。空港のある街の特徴ですね。またまた
進みますと大きな大きなちょうちん発見!そのちょうちんには
「酒まみれ」と書いてありました。『音大通り』にはオペラハウスが
ありました大阪音楽大学のお膝元音楽の町ですねぇ〜カメラ好きの
ばんちゃんがお世話になった『三光写真スタジオ』、
キッチンBARソウル、サイフォン珈琲とモダンジャズ『ブルーノート』
『庄内公園』や『吉田糸店』もあり楽しい街を通り過ぎると〜
見えてきました〜今回の取材先ですミュージック ユニ ストリート
『バックパッカー ホテル』
に到着!
ban1211.jpg

ban1212.jpg

ばんちゃんをお待ち下さっていたのは
今回ご案内くださいました
Music Uui Street
BACKPACKERS HOTEL
ミュージック ユニ ストリート
バックパッカー ホテル
きくちゃん(菊園 浩成)さん

この度、取材させて頂いたミュージック ユニ ストリート
『バックパッカー ホテル』さんは2016年12月10日に
OPENしたとっても新しい出来立てホヤホヤの
小さなHOTELです。元々は新聞配達所だった鉄筋
コンクリート造りの角地三階建の建物を
半年以上かけて手作りしながら作られました。

ばんちゃん曰く、画家佐伯雄三さんの絵の中に出てくる、
パリの街やバンコクの街の中にありそうな素朴でオシャレな
建物やなぁ〜と言ってました。入口が塀のような門があって、
中に入ってもメチャオシャレ!レトロ照明や、レトロな丸い
火鉢タイプの石油ストーブ、ウッディーなイスやテーブルは
輸送用の木製パレットで作っていて益々オシャレ!
本棚はなんと!外国人のお客様に喜んで欲しいと漢字が
所々に残る魚を運ぶトロ箱たんです!
ban1213.jpg

ban12117.jpg

ban1217.jpg

まず、お客様が到着されると日本らしく
『抹茶ラテ』でおもてなし
ban1214.jpg

セイフティボックスの鍵は1000円のデポジット付きですが
おかえりの際にはなんと!付いてるお寿司の
食品サンプルのキーホルダーはプレゼントされるそうです。
海外のお客様は大喜びされるそうです。
ban12111.jpg

豊中庄内駅から歩いて行ける宿泊施設で無料Wi-Fiを
使えるバックパッカー向けで、テラスもあったり、
バスルームは共用で館内にばんちゃんがビックリした
両開きの冷蔵庫がある共用キッチンがあったり、
無料レンタル自転車を提供しています。京都市まで38km、
大阪市まで6km、伊丹空港まで5kmとバックパッカーで
旅をする方にはとっても魅力的なホテルですね。
ban12115.jpg

ban1219.jpg

ban12110.jpg

ban12116.jpg

ban12120.jpg

先ずは、ミュージック ユニ ストリー バックパッカー ホテルの
名前の由来をお聞きしました。『音大通り』にある
HOTELとして『ミュージック ユニバーシティ ストリート』を
大切に考えてHOTELの名前にしましたとのお答えでした。
納得のステキな理由でした!庄内駅周辺の象徴でもあります
音大があって音楽の町でもある庄内にピッタリのお名前でした。
また、宿帳がオシャレで革張りでカッコいい!

もともと、小さい頃からずーっと庄内に住んできた本当に
庄内出身庄内っ子のきくちゃんは体格にも恵まれスポーツ万能で
野球少年だったので〜野球選手なりたかったそうですが、
測量技師だったお父様の仕事を継ごうと専門学校にも
行きましたが数字ばっかりの授業にビックリ!無理だー!と
思った時に若い頃からずーっとホテルやレストランで
ウェイターをしていた、きくちゃんは英語ペラペラで海外の
お客様に対応する先輩を見ていて「カッコいいー!」と
思った気持ちを大切にし、頑張ってお金を貯めて
ワーキングホリデーで初めてのオーストラリアへ行きました。
行くには行きましたが英語はサッパリ話せないまま行ったので
回りのたくさんの方に支えられ、本当に苦労して
過ごしたそうです。でも、きっとソレが良かったんですね、
話せないからこそたくさんの方に出会えたんですものね。
その時思い出したそうです豊中第十中学校の時の英語の
先生に教えてもらった英語の学び方「理屈抜きでとにか
く暗記や」が身体に染み付いていて、そのとおりに頑張ったらス
ルスル英語が上達して今や英語ペラペラのきくちゃんです〜
きくちゃんが羨ましい!今も中学の英語の北野先生に感謝してるそうです。

そんな英語ペラペラになったきくちゃんは3ヶ月に1回位
たくさんの国を回ってきたそうです。海外にあるたくさんの
バックパッカーホテルにお世話になってきたので、
今度は自分がお返ししたいのでステキなホテルを日本に
作って海外の方に楽しく旅してほしいと思うようになったそうです。
海外で過ごした経験が豊富なきくちゃんがホテルに
居て下さると何でも旅の悩みを聞いて下さるし、
旅行者の方は安心ですよね。

その他、常に海外の方が喜ばれそうな関西の人気スポットや
レアスポットやコアな場所など常に研究してらして、海外の
お客様にご提案されていて、とても喜ばれているそうです。
きくちゃんのサービス精神はとどまる所を知りませね、
ますますお勉強されていてHOTELがますます盛り上がっています。

この度、取材させて頂いたミュージック ユニ ストリート
『バックパッカー ホテル』さんは阪急庄内駅から徒歩で行ける
アットホームなホテルです。海外や県外からお友達や親族が
お仕事で関西に来た時は、安くて楽しくて気軽に泊まれる
こんなステキな『HOTEL』があるよ!と教えてあげてはいかがでしょう。
ban1218.jpg

ban12114-2.jpg

ban12114.jpg

お忙しいなか取材を受けて下さいました
ミュージック ユニ ストリート『バックパッカー ホテル』
きくちゃんコト菊池浩成さん本当に有難うございました。

■■■■■■■■■■
『飛び出せ!のこりん隊!』
櫻井春香 ・ 九州・沖縄物産展

こんにちは!キッズのこりん隊小学4年生の櫻井春香です。
とても寒くなってきましたね。
私は、せんちゅうパル南広場に行ってきました。
ここでは、『九州・沖縄観光物産展』が行われていました。
せんちゅうパル南広場は、子供から大人まで
たくさんの人がきていました。
会場では、九州7県と沖縄県のマスコットキャラクターが
会場を盛り上げて、一緒に写真撮影や握手をしてくれます。
まずわたしは、沖縄県の物産ブースに行ってきました。
knt170121-4-300×225.jpg

私は、大阪ではあまり聞いたことがない天ぷらを見つけました。
なんと、もずくの天ぷらが売られていました。
私は、もずくのことはあまり知りませんでした。
海藻でヌルヌルしていて健康に良いらしいです。
沖縄県のもずくがたくさんはいった、食感は外はカリッと中は
もちっとしたもずくの天ぷらは、ここでしか味わえないそうです。
他にも、おでんが売られていました。
このおでんには、大阪で食べられるおでんとは違う物が入っています。
それは、豚の足で沖縄県では「てびち」と呼ばれる物がたくさん入っています。
てびちが入ることで、てびちの旨みがでるのはもちろんですが、
てびちに含まれるプルプルのコラーゲンがお肌に良いそうです。
次に、大分県の物産ブースに行ってきました。
この、大分県の物産ブースに売っている唐揚げはとてもいい匂いがします。
なぜなら、秘伝の醤油だれで味付けされているからです。
美味しそうな唐揚げの香りが会場中にただよっていました。
目の前で揚げてくれているので揚げたてを食べる事ができます。
他にも、唐揚げにとっても合う柚子こしょうが売っていました。
九州と沖縄のマスコットキャラクターに会うことができ、
沖縄・九州各地の食べ物が売られていて子供から
大人まで楽しめるイベントでした。
knt170121-3-300×225.jpg

■■■■■■■■■■

毎週土曜日ばんちゃんと一緒に
ぼらぼらとラジオ散歩に出掛けませんか?
「馬場章夫のぼらぼら千里」来週も聞いて下さいね。

『馬場章夫のぼらぼら千里』
(提供:MC企画付属タレント養成所SAT
毎週土曜日10:00~:13:00放送中!

投稿日:2017年1月25日(水曜日)
カテゴリー:ほ)放送局日記, は)馬場章夫のぼらぼら千里 | コメントする