放送局日記について

放送局日記では、番組内容やパーソナリティの近況報告、イベント、番組プレゼントなどの最新情報を随時ご紹介していきます。
RSSで最新情報を受信するRSSで最新情報を受信する

番組紹介&パーソナリティ

イベント情報

スポンサー

カタリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

放送局日記内検索

放送局日記

カテゴリー「と)豊中市」

カテゴリー「と)豊中市」の記事をご覧いただけます。

2020年9月21日(月・祝)『百歳クラブ「名豊会」・尊敬と感謝の集い2020』

9月21日(月)の敬老の日に豊中市上新田にある高齢者施設豊泉家で
百歳クラブ名豊会・尊敬と感謝の集い2020が開催されました。

百歳クラブ名豊会は、「人は百歳まで成長し続ける」を理念とし
シニアの方々に自分らしく、そして生き生きとご長寿を目指していただきたい
との思いから、数え年100歳以上の名誉会員で組織されています。

今年は新型コロナウイルス感染症対策を万全に講じ、
4会場をオンラインで繋いでの開催となりました。

1.jpg

午前11時、会場には金色のチャンチャンコと帽子をお召しになり、
金色のマスクを着けた名誉会員の皆様が入場、
最初に豊泉家グループ代表 田中成和会長からの開会の挨拶がありました。

2.jpg

感謝状・記念品・銀杯の贈呈では、
名誉会員の酒井文子さんが代表で受け取られました。

3.jpg
(記念品は、当日撮影した写真を収めたフォトフレーム、誕生日新聞)

花束の贈呈では、名誉会員を代表して石田ヨシ子さんが
100本のバラの花束を受け取られました。

4.jpg
(花束が大きすぎて隠れてしまった石田さん)

5.jpg

名誉会員代表謝辞は、名誉会員女性を代表して長町カズエさん

6.jpg

名誉会員男性を代表して5年連続名豊会に出席されている松居祥二さん

7.jpg

社会福祉法人 福祥福祉会 阿久根賢一理事長の
万歳三唱で式典は終了しました。

10.jpg
(名誉会員の皆様の笑顔)

長生きの秘訣は『食べること』だそうです。



『百歳クラブ「名豊会」・尊敬と感謝の集い2020』の模様は
明日の「ごきげん千里837(やぁ、みんな)」で11時15分頃からお送りします!
是非お聴きください!

投稿日:2020年9月21日(月曜日)
カテゴリー:ほ)放送局日記, と)豊中市 | コメントする

2020年8月31日(月)地球温暖化対策に関する連携協定 締結式

吹田市と豊中市は、8月31日(月)に地球温暖化対策に関する連携協定を締結しました。

この協定の締結により、両市が取り組む地球温暖化対策に関する施策の情報を
共有・相互に利活用し、環境問題解決や地域社会の持続的な発展へ
寄与する取り組みを進めます。

当日は吹田市からは、後藤圭二市長と中嶋勝宏環境部長、
豊中市からは、長内繁樹市長と糸井達也部長が出席されました。

gokigen09011.JPG



両市長からのご挨拶の後、調印が行われました。

gokigen09012.JPG

gokigen09013.JPG


連携の第一弾として、吹田市が実施している
「みんなで簡単やさしい電気の切替キャンペーン」での連携・協力を行います。
このキャンペーンは、再生可能エネルギー比率の高い電力のグループ購入事業で、
登録者数に応じて電気料金の割引を受けられる可能性があります。

豊中市と吹田市が連携し、両市民に働きかけ、
より多くのキャンペーン参加者が集まることにより、
電気料金が安価になり、多くの市民が環境に配慮した電力会社へ
切替えるきっかけになることが期待されます。

吹田市ではすでに第1回が行われており、836世帯の方が集まりました。
第1回の募集はすでに終わっていますが、キャンペーンについての情報は、
吹田市のホームページから組織一覧→環境部→環境政策室→
地球温暖化・エネルギー→吹田市の電力調達と進むと見る事ができます。

この地球温暖化対策に関する連携協定 締結式の模様は、
9月1日(火)のごきげん千里837 ズームアップ豊中でお伝えしました。

投稿日:2020年9月2日(水曜日)
カテゴリー:ご)ごきげん千里837, ほ)放送局日記, と)豊中市, す)吹田市 | コメントする

2020年1月25日(土)『中核市連携シンポジウムNATS0(ナッツゼロ)』

吹田市は、今年4月に中核市に移行します。
これにより、兵庫県西宮市・尼崎市、大阪府豊中市・吹田市の府県を越えて
隣り合う中核市が4市連なることになります。
中核市4市が隣り合うことは全国で唯一です。

4市を西から東へと頭文字をとってNATS(ナッツ)とネーミングし、
そのキックオフミーティングの場として「“NATS 0(ナッツゼロ)”」と称した
4市長が集うシンポジウムが開催されました。
 

オープニングは、西宮市、尼崎市、豊中市、吹田市のそれぞれの市を中心に
活動している4人の弦楽奏者による美しいハーモニーでスタート。

続いて、朝日放送テレビアナウンサーの堀江政生さんから
中核市やNATSについてわかりやすい説明がありました。

いよいよシンポジウムが始まり、4市長の登場は西から

 N 西宮市 石井 登志郎市長
 A 尼崎市 稲村 和美市長
 T 豊中市 長内 繁樹市長
 S 吹田市 後藤 圭二市長

MCは、堀江政生アナウンサー、アシスタントに橋詰優子アナウンサーが担当
 
また、今回はグラフィックレコーダーの鈴木さよさんによる「絵や文字を見える化」も
行われ、シンポジウムの内容を5枚ものボードにイラスト化しました。

この模様は、1月25日(月) 午前11時15分から
ごきげん千里837(やあ、みんな)内 ズームアップ吹田で放送する予定です。
お楽しみに♪

投稿日:2020年1月25日(土曜日)
カテゴリー:ほ)放送局日記, と)豊中市, す)吹田市 | コメントする

2019年11月15日(金)「大阪府・豊能地区3市2町合同防災訓練」

「令和元年度 大阪府・豊能地区3市2町合同防災訓練」が行われました。

豊能地区3市2町(豊能町、能勢町、池田市、箕面市、豊中市)は、
様々な災害に対する連携の強化や行政を含む防災関係機関の技術の向上、
地域住民の防災意識の高揚などを目的として、
平成13年度から、毎年、合同で実施しています。

今年度は、震度6強の直下型地震により、
能勢町を中心に甚大な被害が発生したことを想定し、
豊能地域3市2町のほか、防災機関や住民が一体となって参加し、
能勢町営名月グラウンドで開催されました。

午前10時からの開会式後は、地震体験車を使っての起震体験訓練、
広報活動訓練、避難誘導訓練、トリアージ訓練、被災者搬送訓練、
水道給水訓練、停電復旧訓練、土砂災害救出訓練、
救援物資輸送訓練が実施されました。

img_7814.JPG

起震体験訓練では、
能勢町自主防災会と能勢小学校4年生が参加し、
地震体験車の体験と見学が行われました。

img_7821.JPG

土砂災害救出訓練では、
倒木による通行止めの道路を道路啓開部隊が倒木処理し、
道路幅員を確保し、通行止めを解除。
img_7822.JPG

また、消防救助隊及び陸上自衛隊が
土砂災害により倒壊した家屋から救出し医療機関へ救急搬送する訓練も行われました。

img_7823.JPG

img_7827.JPG

実動訓練の他にも、特殊車両の展示や
大阪管区気象台などによる防災啓発パネル等も展示されていました。

img_7826.JPG

なお、この模様は、11月15日放送「デポルトナビゲーション」の11時05分からのリポートで
お伝えしました。

投稿日:2019年11月15日(金曜日)
カテゴリー:ほ)放送局日記, と)豊中市 | コメントする

2019年9月17日(火)『鉄道災害時の安全対策研修会』

この研修会は、豊中市消防局が幹事となり、宝塚市にある平井車庫で
毎年実施しており、今年で15回目になります。
 
鉄道災害時に安全で迅速な救助活動をする為に、
阪急電鉄沿線にある豊中市など9市(池田市、吹田市、高槻市、茨木市、
箕面市、摂津市、川西市、伊丹市)2町(島本町、猪名川町)の消防本部と
合同で行う実車両による訓練です。  
 
安全で迅速な救助活動や、消防機関の出動を要する人身事故・火災が
発生した場合の相互連絡・協力体制の確立、
公共交通機関の早期運転再開の連携を図るため、
車両の基礎知識や緊急連絡体制の講義、実車両を使った救出訓練を行います。

豊中市消防局 入佐桂司次長からのご挨拶で研修スタート。

jicho.jpg

一部の「基礎座学」では、緊急連絡体制と車両の基礎知識を学びました。

kiso.jpg

kiso-2.jpg

研修場所を移動

idou.jpg

車庫検査場へ

kunrenn-1.jpg

実車両による研修・救出訓練がスタート

kunren-21.jpg

kunnren-32.jpg

このような日々の訓練が、我々の安心、安全に繋がるんですね。

この研修会の模様は、明日のごきげん千里837水曜日
午前11時15分頃~『ズームアップ豊中』のコーナーで
お送りします。お楽しみに。

投稿日:2019年9月17日(火曜日)
カテゴリー:ほ)放送局日記, と)豊中市 | コメントする