放送局日記について

放送局日記では、番組内容やパーソナリティの近況報告、イベント、番組プレゼントなどの最新情報を随時ご紹介していきます。
RSSで最新情報を受信するRSSで最新情報を受信する

番組紹介&パーソナリティ

イベント情報

スポンサー

カタリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

放送局日記内検索

放送局日記

カテゴリー「げ)元気だ!せんりぃー」

カテゴリー「げ)元気だ!せんりぃー」の記事をご覧いただけます。

2017年11月27日(月)住民制作番組よりプレゼントのお知らせ

FM千里の住民制作番組「元気だせんりぃー」

メインパーソナリティーに女優の黒田福美さんを迎えての特別番組
『追悼 チョ・ドンジン』『応答せよ!黒田福美のソウルソウルアンドミュージック』
はいかがでしたか?

特別番組を記念して、リスナーの皆さんへプレゼントのお知らせです。

  ① 黒田福美さん サイン色紙 1名様 (ビビンパの会様より提供)

    img_3141kuroda.jpg

  ② K-BOOK振興会発行の韓国文学ガイドブック
     『ちぇっく CHECK VOL.1 冊子』 2名様 (CHEKCCORI様より提供)

    img_3143chek.jpg
   
  ③ 韓国映画「南営洞(ナミョンドン)1985~国家暴力 22日間の記録~」DVD2名様 
    (西ヶ原字幕社様より提供)
  
    「ホワイトバッジ」「折れた矢」のチョン・ジヨン監督作品
    1985 年軍事政権下の韓国。民主化運動に身を投じていた金槿泰(キムグンテ)は、
    公安警察に不当逮捕され22 日間の壮絶な拷問を受ける。
    この事実がアメリカの人権団体を通して国内にも知られるところとなり、
    軍事政権への不満が爆発。87 年の6・29 民主化宣言への呼び水となった。
    この事件を、韓国きっての社会派監督チョン・ジヨンが、
    故人への追悼と民主主義への希求の思いを込めて映画化した問題作。

    dvd.JPG

 ご希望の方は、住所・氏名・年齢・電話番号と、①~③のいづれかをお書き添えの上、
 FAXかE-Mailで「住民制作番組特別番組 プレゼント」の係までご応募ください。

宛先は、
FAX:06-6832-8370
E-mail :nocorin@senri-fm.jp

締め切りは2017年12月11日(月)必着です。
当選の発表は発送をもって替えさせて頂きます。

※お送り頂いた個人情報は、プレゼントの発送以外には使用致しません。
たくさんのご応募お待ちしています!

投稿日:2017年11月27日(月曜日)
カテゴリー:げ)元気だ!せんりぃー, ほ)放送局日記 | コメントする

11月27日(月)住民制作番組「1部“追悼 チョ・ドンジン”2部“応答せよ!黒田福美のソウルソウルアンドミュージック”」

FM千里の住民制作番組「元気だせんりぃー」

毎月末月曜日午後6時~7時は、「T-POPWOW」でお楽しみ頂いてますが、
11月はメインパーソナリティーに女優の黒田福美さんを迎えて、2部構成の2時間番組でお送りします。
出演は他に、日韓翻訳の専門会社 西ヶ原字幕社 代表 林原圭吾氏

kuroda.jpg

  【女優 黒田福美さん】

◆第1部 午後6時~7時 『追悼 チョ・ドンジン』
 
 8月28日に他界された韓国のフォークシンガー チョ・ドンジンを悼み
 妹のチョ・ドンヒさんをゲストに迎えお送りします。

◆第2部 午後7時~8時 『応答せよ!黒田福美のソウルソウルアンドミュージック』

 1990年、京都のラジオ局で黒田福美さんがメインパーソナリティーを務めた番組を
 振り返りながら、想い出の曲を交えてお送りします。

 林原代表のコーナーでは、1990~91年の韓国歌謡解説をお届けします。

 
 お楽しみに♪♪
 

投稿日:2017年11月20日(月曜日)
カテゴリー:げ)元気だ!せんりぃー, ほ)放送局日記, お)お知らせ | コメントする

2016年8月29日(月)【映画チケットプレゼントのお知らせ】

毎月最終月曜日午後6時~7時の住民制作番組
「T-POP WOW」より映画チケットプレゼントのお知らせです。

ドキュメンタリー映画「ソング・オブ・ラホール」のチケットを
ペア2組4名様にプレゼントします。

ps160829-9-300×225.jpg

かつては芸術の都だったパキスタン・イスラム共和国のラホール。
タリバンによって音楽を禁じられ、世間から忘れ去られてしまった音楽家たちが
自分たちの音楽と聴衆を取り戻すため、ジャズに挑戦。
伝統楽器による彼らのジャズカバー映像はアクセス数100万を超え、
トランペット奏者のウィントン・マルサリスの目に留まった彼らは
ニューヨークへ招かれます。
リハーサルではうまくかみ合うことができなかったパキスタン伝統音楽と
ジャズマンたち。そして、ついに本番の幕が開きます・・・。

監督はアカデミー短編ドキュメンタリー賞を2度受賞した
パキスタン人女性シャルミーン・ウベード=チナーイ
ニューヨーク在住のアンディ・ショーケン

第七藝術劇場にて9月17日(土)~23日(金)まで、
上映時間は午後1時50分からと午後7時45分からの2回です。

チケットご希望の方は
おところ、お名前、年齢、お電話番号をお書き添えの上、
“「ソング・オブ・ラホール」チケットプレゼント”の係までお願いします。

あて先は、
FAX:06-6832-8370
E-mail :nocorin@senri-fm.jp

9月10日必着です。

当選の発表は発送を持って替えさせていただきます。

なお、ご応募頂いた個人情報はプレゼントの発送以外には使用致しません。

みなさまからのご応募お待ちしております。


投稿日:2016年8月29日(月曜日)
カテゴリー:げ)元気だ!せんりぃー | コメントする

2015年10月5日【映画チケットプレゼントのお知らせ】

毎月最終月曜日午後6時~7時の住民制作番組
「T-POP WOW」より映画チケットプレゼントのお知らせです。
 
サンダンス映画祭2014 ワールド・シネマ ドキュメンタリー部門での
グランプリ獲得を初め、その他の映画祭でも数々の賞を受賞している話題の
映画「“それでも僕は帰る”シリア若者たちが求め続けたふるさと」のチケットを
ペア2組4名様にプレゼントします。

20150001.jpg

2011年に始まった「アラブの春」と呼ばれる民主化運動の波、
その影響を受けシリアでも2人の青年が立ち上がった。
サッカーのユース代表でゴールキーパーとして活躍していた当時19歳の青年バセットと、
彼の友人で有名な市民カメラマンのオサマ。
生きることとは、戦争とは、ふるさととは・・・。
シリアの民主化運動の中で生きている人々を、すぐ近くから撮り続け、その“リアル”を
映し出した命がけのドキュメンタリーです。

第七藝術劇場にて10月17日(土)~10月30日(金)まで
上映時間は12時50分からです。

チケットご希望の方は
おところ、お名前、年齢、電話番号をお書き添えの上、
“「それでも僕は帰る」チケットプレゼント”の係までお願いします。
あて先は
FAX 06‐6832‐8370
E-Mail nocorin@senri-fm.jp
 
10月13日(火)必着です。
 
当選の発表は発送をもって替えさせていただきます。
なお、ご応募頂いた個人情報は、プレゼントの発送以外には使用いたしません。
みなさまからのご応募お待ちしております。

投稿日:2015年10月5日(月曜日)
カテゴリー:げ)元気だ!せんりぃー, ほ)放送局日記, 終)RADIO PLUS | コメントする

プレゼントのお知らせ

奇数週木曜日の午後6時30分~50分まで放送している
西村梨絵のhappyTimes」、6月4日の番組に
ゲストで大阪ドロット一座よりSYO-ZAKUさんと
メルヘンヌのみずきさんとにいなさんにゲストにお越しいただきました!

大阪ドロットは、韓国の歌謡曲ジャンル「トロット」を
大阪風味にアレンジした新音楽ジャンルです。

大阪ならでは、かつ社会風刺の効いたユニークな歌詞、
覚えやすいキャッチーで親しみやすいメロディな楽曲が人気です。
アップテンポな昭和歌謡風の曲調は中高年には懐かしく、
若年層には新鮮な音楽はライブで泣く人もいれば大笑いする人もいて
楽しみ方もそれぞれなんだとか。

そんな大阪ドロットのライブをぜひ体感しませんか?!
2015年6月16日(火)、あべのキューズモール4階の
ROCK TOWNで開催される「大阪ドロット 水無月の宴」に
ペア1組2名様をご招待!
cimg6864.JPG

開場は18:30 開演は19:00です。
present601.jpg

このチケットをご希望の方は、
住所・氏名・年齢・電話番号をお書き添えの上、
FAXかE-Mailで「大阪ドロット チケットプレゼント」の係までご応募ください。

宛先は、
FAX:06-6832-8370
E-mail :nocorin@senri-fm.jp

締め切りは2015年6月9日(火)必着です。
当選の発表は発送をもって替えさせて頂きます。

※お送り頂いた個人情報は、プレゼントの発送以外には使用致しません。
たくさんのご応募お待ちしています!

個性あふれる出演メンバー達による
大阪らしいステージパフォーマンスを是非この機会にお楽しみください!

投稿日:2015年6月4日(木曜日)
カテゴリー:げ)元気だ!せんりぃー, ほ)放送局日記 | コメントする