放送局日記について

放送局日記では、番組内容やパーソナリティの近況報告、イベント、番組プレゼントなどの最新情報を随時ご紹介していきます。
RSSで最新情報を受信するRSSで最新情報を受信する

番組紹介&パーソナリティ

イベント情報

スポンサー

カタリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

放送局日記内検索

放送局日記

カテゴリー「し)蕭 秀華のちょっといいcinemaにのせて」

カテゴリー「し)蕭 秀華のちょっといいcinemaにのせて」の記事をご覧いただけます。

2023年1月21日(土) 蕭 秀華のちょっといいcinemaにのせて

「ニュー・シネマ・パラダイス」のインド版ともいえる「エンドロールのつづき」!
今や世界で活躍するパン・ナリン監督自身の幼少期を描いた作品です。
世界で1番の映画ファンだと自負するパン監督。
インドの片田舎でチャイ売りをしていた少年が映画に魅せられていく姿が描かれています。
映画愛あふれる珠玉の感動作です。

韓国映画が本当に熱い!!
天才的なドライビング・テクニックをもつ女運び屋を、パク・ソダムがクールにスタイリッシュに演じる「パーフェクト・ドライバー/成功確率100%の女」。
ある依頼でトラブルがおき300億ウォンが入った貸金庫の鍵を持つ10歳の少年と追われる事に。
凄腕の女運び屋×悪徳警官×サイコパスな殺し屋×国家情報院!
命がけのカーチェイス&アクションシーン&女運び屋と少年の絆!緊張感と迫力を楽しんで下さい。

誘拐された娘を救い出す母親の決死の戦いを描いた衝撃作「母の聖戦」!
実話をベースにメキシコの誘拐事件の闇の深さと、その実態に身震いしてしまいました。
凄まじい執念というべき“母性愛”
は、センセーショナルな社会派劇であり、緊張感あふれるクライム・スリラーとして迫ってきます。

リベンジ・アクション・エンターテイメント「ノースマン 導かれし復讐者」は、超個性派監督ロバート・エガースによる初アクション大作。
ハードで残酷なシーンが多く、北欧が舞台なので全体的に寒々として暗く泥だらけ・・・疲れました。
スカンジナビアの神話やアイスランドの英雄物語、ヴァイキング伝説をベースにした壮大なスケールの復習劇が好きな方、残忍な戦いシーンが大丈夫な方にオススメします。


映画誘人: 蕭 秀華



番組へのメッセージはこちらまで!!
FAX:06-6832-8370
E-mail :nocorin@senri-fm.jp

『蕭 秀華のちょっといいcinemaにのせて』
every Saturday pm3:00-pm4:00 O.A


投稿日:2023年1月21日(土曜日)
カテゴリー:ほ) 放送局日記, し)蕭 秀華のちょっといいcinemaにのせて | コメントする

2023年1月14日(土) 蕭 秀華のちょっといいcinemaにのせて

「SHE SAID シーセット その名を暴け」
ニューヨーク・タイム紙の調査報道に基づくベストセラー回顧録の映画化!
2人の女性記者が絶大な権力を持つ映画プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインのセクハラ・性的犯罪の実態30年間を調査し告発した実話です。
#MeTee運動のきっかけとなり、世界中を変える事になった女性たちの勇気と揺るぎない信念に敬意を表します。

映画音楽の素晴らしさを再確認することが出来るドキュメンタリー映画
「モリコーネ 映画が愛した音楽家」に感動しました!
91歳で亡くなるまで新しい音楽を目指し続けていたエンリコ・モリコーネ。その才能と偉業に、是非触れて下さい。

TVドラマの映画化「映画 イチケイのカラス」
物語はドラマから2年後。2つの事件が絡み合い、型破りな裁判官・竹野内豊と、裁判官他職経験の制度で弁護士となった論理的で堅物の黒木華が、岡山県の裁判所で事件を解決する物語。
人が人を裁くとは?法律とは?正義とは?を考えさせられるヒューマンドラマです。

「カンフースタントマン 龍虎武師」
80年代〜90年代にかけて多くのアクション映画を生み出した香港映画。
世界中の映画界に影響を与えたのはブルース・リーやジッキー・チェンほか、多くのスターの実力だけではなく危険なアクションの代役を務めたスタントマンの存在があったからこそ!生身のスタントで命をかけたアクションシーンに体が痛くなります。
彼らの誇りは今も息づいています。多くの映画人の証言で香港アクション映画の歴史、そして今が語られるドキュメンタリー映画は、見応え100%!

韓国ソウルにあるアジア最大と呼ばれた団地の再開発のため住民の引越しや取り壊しが進む中、団地の人たちに見守られながら暮らしていた野良猫250匹を助ける大作戦を描いたドキュメンタリー映画「猫たちのアパートメント」
2001年に公開された「子猫をお願い」のチョン・ジェウン監督の最新作!
猫の目を通して、社会の矛盾や環境問題、都会に住む動物たちの現状に迫っています。


映画誘人: 蕭 秀華



番組へのメッセージはこちらまで!!
FAX:06-6832-8370
E-mail :nocorin@senri-fm.jp

『蕭 秀華のちょっといいcinemaにのせて』
every Saturday pm3:00-pm4:00 O.A


投稿日:2023年1月14日(土曜日)
カテゴリー:ほ) 放送局日記, し)蕭 秀華のちょっといいcinemaにのせて | コメントする

2023年1月14日(土) 映画「浦安魚市場のこと」歌川達人監督サイン入りパンフレットプレゼントのお知らせ

毎週土曜 午後3時から放送中の
「蕭 秀華のちょっといいcinemaにのせて」より
ドキュメンタリー映画「浦安魚市場のこと」
歌川達人監督のサイン入りパンフレットを2名様にプレゼントします。

img_1006.jpg

<ビビンパの会様よりご提供>

-人情色濃い”まち”の魚屋たちのドキュメンタリー!-

古くから漁師町だった浦安には魚市場があった。
工場汚染水の影響で漁業権を放棄し埋立地となった浦安にとって、
魚市場が漁村だった町のシンボルでもある。
時代の流れと共に変わっていく魚の流通と消費の形。
脈々とつながってきた暮らしを謳歌する浦安の人々。
しかし、その瞬間は、緩やかに、そして突然訪れる…。
“まち”のアイデンティティーが、危機に瀕するときを
カメラは見つめた。

監督は、映像作家の歌川達人さん。
これまでは主にカンボジアで短編中編のドキュメンタリーを制作、この作品が初の長編。
撮影期間中は浦安魚市場近くへ移り住み、緻密な撮影を重ねました。

大阪市西区にあるシネ・ヌーヴォ1月27日(金)まで上映中。
ご希望の方は、住所、氏名、年齢、電話番号をお書き添えの上、
“映画「浦安魚市場のこと」パンフレットプレゼント係”までご応募下さい。

あて先は

FAX:06-6832-8370
E-mail :nocorin@senri-fm.jp
締め切りは2023年1月28日(土)
当選の発表は発送をもって替えさせて頂きます。

なお、ご応募頂いた個人情報は、プレゼントの発送以外には使用致しません。
みなさまからのご応募お待ちしております。

投稿日:2023年1月14日(土曜日)
カテゴリー:ふ) プレゼント, し)蕭 秀華のちょっといいcinemaにのせて | コメントする

2023年1月7日(土) 蕭 秀華のちょっといいcinemaにのせて

今年のベストテンに入ると確信する「ファミリア」
監督・脚本・キャストと素晴らしい!国籍・文化・言葉の違いを乗り越え家族になろうとする人間ドラマに泣いてしまいました。
山里の小さな町を舞台に、日本で世界で起こっている社会問題を身近な問題として描くリアリティ!!
希望のラストにホッとしました。大切な人と是非、ご覧下さい。

希望を持つこと、やりがいを見つけることで人生は大きく変わる!
「ドリーム・ホース」これは実話の映画化です。
寂れたウエールズ谷あいの町で普通の主婦が村人たちと馬主組合を作り、その競走馬がレースに挑み奇跡を起こす❗新年にピッタリの作品で、ワクワクする気持ちを共有して頂けます。

台湾映画「アメリカから来た少女」。
ロサンゼルスで暮らしていた主人公13歳のファンイーは、母親が乳がんになったことで
父親のいる台湾に帰って来るところから始まります。学校にも家庭にも居場所がなく孤独を感じるファンイー。
様々な葛藤の中で、自分の弱さに気付く成長の物語。ロアン・フォンイー監督の半自伝的作品です。

「恋はいばら」のキャッチフレーズは“恋人同士では観ないで下さい。”
カメラマンの元カノと今カノが<秘密の共犯>となって、不思議な関係を作っていく城定秀夫監督の異色作。
元カノに松本穂香、今カノに玉城ティナ、カメラマンに渡邉圭佑。
男性にとっては、ちょっと怖い作品かも?です(笑)

日本で2003年に公開された「おばあちゃんの家」がデジタル・リマスター版で帰ってきました。
都会に住む少年が、山里で暮らす母方の祖母の家でひと夏を過ごす素朴ですが、心温まる忘れられない作品になるはずです。


映画誘人: 蕭 秀華



番組へのメッセージはこちらまで!!
FAX:06-6832-8370
E-mail :nocorin@senri-fm.jp

『蕭 秀華のちょっといいcinemaにのせて』
every Saturday pm3:00-pm4:00 O.A


投稿日:2023年1月7日(土曜日)
カテゴリー:ほ) 放送局日記, し)蕭 秀華のちょっといいcinemaにのせて | コメントする

2022年12月24日(土) 蕭 秀華のちょっといいcinemaにのせて

三浦透子の単独初出演作となる「そばかす」
恋愛をする感情が分からず、性への関心も全くない30歳の女性をごくごく自然に演じ切った三浦透子の魅力全開。
自分の本質を誰にも打ち明けられない葛藤を周囲の人たちと向き合いながら自分自身を見つめ直す姿が描かれています。
繊細なテーマですが、軽快でユーモアを持たせた脚本に引き込まれるはずです!

《久遠チョコレート》代表の夏目浩司さんを、東海テレビの鈴木祐司監督が20年間追ったドキュメンタリー映画「チョコレートな人々」
障害を持った人たち、シングルペアレンツ、セクシャルマイノリティ等、様々な方たちが働きやすく、しっかり稼げる職場作りを目指し続けている夏目浩司さん。
失敗やもがく姿を捉えながら、信念を貫く強さが、熱く伝わってきます。

映画「クレヨンしんちゃん」シリーズや「河童のクゥと夏休み」等、泣けるアニメを作り出す原恵一監督の最新作は、本屋大賞を史上最多得票数で受賞した辻村深月の同名小説「かがみの孤城」
不思議な城に鏡を通して集められた7人の中学生たち。
何故、彼らが集められたのか!?その謎が解けていくファンタジーミステリーです。
重い内容ですが、アニメーションにすることで重さが軽減され、今、悩みもがく全ての方に共感出来る作品です。
ご家族で観て頂きたい作品です。

「フラッグ・デイ」
ショーン・ペンが自身の監督作品に初めて出演し、実の娘ディラン・ペンと親子役を演じた実話の映画化。
ジャーナリストであるジェニファー・ボーゲルの回顧録を元に描かれています。
父親がアメリカ最大級の贋札事件の犯人だと知っても、父への愛情が変わらなかった娘。
この父と娘の関係を紐解く人間ドラマです。

「離ればなれになっても」
久々にイタリア映画をご紹介しました。1982年、16歳の時に出会った1人の女性と3人の男性の40年間を描いた大人のラブストーリーです。
愛して裏切り、許して憎み、そしてまた出会う!人生って何が起こるかわからない。
複雑な友情と愛情が渦巻く4人の人生を一緒に歩いてみませんか?

軽快に明るくご覧いただける「近江商人、走る!」
そろばん勘定だけでなく、意外な発想で様々な難局を切り抜け人々を助ける銀次。
奉公先の米問屋の大借金を返済するために走る・走る〜〜!!

今年1年間で200本以上の作品を紹介させて頂きました。お正月、是非大スクリーンで映画を楽しんで下さいね。
良いお年をお迎え下さい❗


映画誘人: 蕭 秀華



番組へのメッセージはこちらまで!!
FAX:06-6832-8370
E-mail :nocorin@senri-fm.jp

『蕭 秀華のちょっといいcinemaにのせて』
every Saturday pm3:00-pm4:00 O.A


投稿日:2022年12月24日(土曜日)
カテゴリー:ほ) 放送局日記, し)蕭 秀華のちょっといいcinemaにのせて | コメントする