放送局日記について

放送局日記では、番組内容やパーソナリティの近況報告、イベント、番組プレゼントなどの最新情報を随時ご紹介していきます。
RSSで最新情報を受信するRSSで最新情報を受信する

番組紹介&パーソナリティ

イベント情報

スポンサー

カタリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

放送局日記内検索

放送局日記

カテゴリー「は)ばんちゃんのコレラジオ キクキク」

カテゴリー「は)ばんちゃんのコレラジオ キクキク」の記事をご覧いただけます。

2020年10月24日(土)ばんちゃんのコレラジオキクキク

こんにちは(‘ω’)アシスタントの桜山 結子(さくらやま ゆうこ)です。

最初の話題は、
「業務スーパー安いだけではない」という記事についてでした。
全国に866店も業務スーパーがあります。
よく耳にする大手のスーパーよりも店舗数が多くあります。
20年前から徐々に増え現在では46都道府県にあります。
沢山の量を“安く”買う事出来る!これが一番の魅力だと思いますが、
その中でも“冷凍食品”がかなりある様です。それが良く分かるエピソードとして、
ばんばさんは義理の娘さんから
「業務スーパーに行く時は厚着をしないといけない」と聞きました。
まるでシベリアにでも行くような事を言うなと、さすが日本初の冒険家!
その冷凍食品を使って時短料理に活用し
日々の家事負担の軽減に利用している方も多いと思います。
また、安さの秘密として自社で商品を作る事がある様です。
経営の厳しい会社を買い取り、
その技術をいかして商品を作る事もしているそうです。
更に、世界の珍しい食品も販売してあるのも魅了の一つです。
テレビ番組やSNSでも話題の業務スーパー、
今後、どんな商品に人気が出るのでしょうか。

続いて、キッズ先生に聞くのコーナー
「小学4年生 まつお りさこ先生」でした。
初めに、運動会について。
今年はかなり異例の内容となり、学年ごとに行われました。
種目はダンスと100m走のみ。
印象深かったのはダンスで、かなり前から練習をしていました。
そして100m走は見事1位、とても気持ちがよかったそうです。
保護者は3名までOKで、お父さんとお母さんが見に来てくれました。
続いて、宿題の話題です。
珍しい宿題として金曜日に出される“自主学習”があります。
りさこ先生は「スライム作り」を提出しました。
洗濯のりを使って作る固定や作ってみての感想を提出しました。
最後に、食欲の秋に因んで好きな食べ物の話題になり
“鯛を煮たものを塩で食べる”が最近好きだと言っていました。

続きまして、
24・25日で開催された「せんちゅうフェスタ」から中継しました。
せんちゅうフェスタというのは、
2015年から千里中央にある6施設と地域協力団体からつくられている
「千里中央エリア 活性化プログラム連絡協議会」が主催するものです。
第7弾の今回は、ハロウィンにあわせたワークショップと抽選会が開催されました。
その内容は今年らしくマスク作りやフェイスシールド作りに
手袋やマント作りなどがありました。
ワークショップに参加して、アイテムを集めていきます。
最終的には「黒い王冠の魔女」をやっつけるといったストーリーがあります。
ワークショップの他に、フォトスポットやハロウィングッズをもらえるブースもあり、
千里中央にある、「千里阪急百貨店」「千里阪急ホテル」「せんちゅうパル」
「オトカリテ」「イオン SENRITO 専門館」「阪急オアシス」
「豊中市 千里文化センター コラボ」の各施設にて開催されました。
特に人気だったのが、開始30分でなくなってしまった“お菓子のマグネット”です。
ドーナツなどのかわいいお菓子型のマグネットでした。スタッフさんに伺うと、
「去年は15時まであったのに」とビックリした様子でした。
それと30名以上の親子が列をなしていたマント作り体験も人気がありました。
オレンジのフェルト製のマントにカボチャのアップリケを貼って
世界に一つだけのマントを作るものです。
当日はお天気もよく会場にはご家族連れやカップなど
様々な方々がせんちゅうフェスタを楽しんでいました。

最後の話題は、福井県小浜市下根来、
遠敷川の中流にある「百名水 鵜の瀬」についてでした。
ばんばさんは1995年に取材に行きました。
鵜の瀬の水は、硬度平均24.5mg/lの軟水です。
ミネラルなどの含有量を含めた水質は名水選定時と変わらず良好に保たれています。
川に近づくと小さな木製の鳥居がありました。
そこでばんばさんは、
カエルの様に四つん這いになって持参したマグカップで水をすくいました。
最初の印象はとにかく冷たい、昔行ったシベリアの思い出す程でした。
「味は美味しかったと思う」正直、あまりの冷たさに
細かい味は明確ではないとの事でした。
そしてこの場所最大の魅力が “歴史”です。
毎年3月2日に奈良東大寺二月堂への「お水送り」の送水神事が行われます。
お水送りの送水神事は、神宮寺から山伏姿の行者や白装束の僧侶らを先頭に
3,000人程の松明行列が、ほら貝の音とともに2km上流の鵜の瀬へ向かい、
河原で護摩が焚かれた後、白装束の住職が祝詞を読み上げ、
竹筒からお香水を遠敷川へ注ぎます。
このお香水は10日かけて東大寺・二月堂の「若狭井」に届くといわれ、
奈良のお水取りは3月12日に行われます。
このお水取りが終わると関西では春が来ると言われる春の風物詩です。
なぜ、この様な行事が行われる事になったかというと
若狭神宮寺に渡ってきた実忠和尚というインド僧が、
東大寺に二月堂建立し、大仏開眼の2ヶ月前から祈りを捧げていました。
大仏開眼に向け日本中の神様を呼んだのですが、
若狭の遠敷明神だけが漁に夢中で遅れてしまい、あと2日という日に現れました。
遠敷明神は遅れたお詫びとして、
二月堂のご本尊にお供えする閼伽水を送る約束をし、
地面をたたき割ると白と黒2羽の鵜が飛び出して二月堂に清水が湧き出しました。
この時二月堂に現れた2羽の鵜は、若狭の鵜の瀬から地下を潜って、
東大寺まで水を導いたと言われています。
これだけのエピソードを持つ鵜の瀬の水、飲んでみたいです。

20201024-hp.jpg

ban20201024.jpg



『ばんちゃんのコレラジオ キクキク』
毎週土曜日10:00~正午まで放送中!

投稿日:2020年10月27日(火曜日)
カテゴリー:ほ)放送局日記, は)ばんちゃんのコレラジオ キクキク | コメントする

2020年10月17日(土)ばんちゃんのコレラジオキクキク

こんにちは(‘ω’)アシスタントの桜山 結子(さくらやま ゆうこ)です。

最初の話題は、「新型コロナと動物たち 」について、
ばんばさんが愛読している
ナショナルジオグラフィックに紹介されている記事でした。
コロナウィルスは現在でも世界中で流行しています。
人間だけでなく動物たちもコロナに感染しています。
現在感染が確認されているのはライオンやトラ、猫、犬、ミンクなどです。
動物たちは、無症状の飼い主や飼育員から感染していると考えられています。
人間ほど動物たちの検査が広く行われているわけではないようで
不明な点がとても多い状態です。
ペット以外の感染で世界初となるのがトラの感染でした。
症状は咳や苦しそうな息遣いがみられました。
理由ははっきりとしていませんが、
ネコ科の動物が感染しやすいという報告もあるようです。
また、リンパ腫を患っていた犬がウイルス感染によって命を落とした事例もあり
人間と同じく基礎疾患を持つ動物は感染しやすい可能性も浮上しています。
更にオランダなどにある複数の飼育場にいた毛皮用のミンクに陽性が確認され
これを受けて感染が発生した飼育場の数万匹ものミンクが殺処分されました。
人間のワクチンなどの話はよく耳にしますが、
沢山の動物達もとても苦しめられています。
一日も早く動物も住みやすい地球が戻ってくる事を切に願いします。

続いて、キッズ先生に聞くのコーナー
「小学3年生 たなか りかこ先生」でした。
最初に、これからある運動会について聞きました。
フラフープを使った障害物競走と80m走があるそうで
今一生懸命練習中だそうです。
りかこ先生は走る事が得意なので80mは楽しみだと言っていました。
今年の運動会は例年とは異なり、コロナ感染予防に配慮されていました。
人気競技の大玉転がしが中止になったり、大声を出しての応援は禁止、
その代わりペットボトルにビーズを入れて
振って応援をするスタイルになっているそうです。
また、見学者の人数制限もある可能性も出ています。
そして、宿題についても聞きました。
漢字関係の宿題が多く長い時は2時間も頑張る事があるそうです。
その後ピアノの練習もしてとても毎日お勉強に、ピアノに励んでいる様です。
次回は運動会の結果を伺ってみたいと思います。

次に、ばんばさんも携わっている「千里中央まるわかりBOOK」の紹介で
株式会社 阪急阪神百貨店 千里阪急 営業企画部の田代雅樹さん、
大阪モノレール株式会社 経営戦略室の八坂美和さんにお越し頂きました。
千里ニュータウンが誕生して50年、
地域の皆さんによりそって長年愛されてきた6企業・施設が集って、
過去、現在、未来、“千里ブランドを磨く”を事業コンセプトとし作られました。
表紙に50周年と描かれたロゴがあり、
これは、千里中央の緑や人々の生活の潤いの源でありたいとの想いから
黄色、緑、青で表現されています。
BOOKには、千里中央の歴史などが書かれていて、
誕生した理由から万博との関りなど、とても勉強になる内容です。
そして、6つの企業・施設の過去から未来の事が書かれています。
BOOKの最後にも紹介されている
“未来へ向かう時空列車”という謎解きゲームがあります。
電車を乗り継いで謎を解く体感型ゲームです。
賞品も豪華だとか!是非チャレンジしてみて下さい。

最後の話題は、「百名水 瓜割の滝」についてのお話しでした。
福井県三方上中郡若狭町天徳寺の境内奥にある名水です。
瓜割という名前は、1年を通じて水量(4500t/1日)・水温(12度)が変わらず
夏にはその水の冷たさで瓜が自然に割れたとの話から付けれています。
寺の境内奥に広がる森の中、岩間から湧き出る水は泉となり、
やがて小さな滝となって現れます。
湧き出し口から滝つぼにかけての水中が赤く染まっているのは、
大変珍しい紅藻類(ヒルデンブリンチアリブラリス)があるからです。
長い時間をかけて繁殖したもので、
冷たい水と清らかな水質、水温に変化がない環境があるからだと考えられています。
滝から湧き出る水は、幾重もの地層が自然のフィルターとなり、
長い時間をかけてろ過した純度の高いミネラル成分が溶け込んでいます。
味は、かため、マンガン感じるピリっとしたものだそうです。
名水百選選抜総選挙の「おいしさが素晴らしい名水部門」の
第2位になる程の味だそうです。水は有料ですが持ち帰りが可能となっています。
森林の中にあり、にしめ縄や鳥居がある神聖な場所、
イナスイオンがたっぷりの癒しスポット“瓜割の滝”ぜひ一度飲んでみたいですね。

img_8833.jpg


『ばんちゃんのコレラジオ キクキク』
毎週土曜日10:00~正午まで放送中!

投稿日:2020年10月20日(火曜日)
カテゴリー:ほ)放送局日記, は)ばんちゃんのコレラジオ キクキク | コメントする

2020年10月10日(土)ばんちゃんのコレラジオキクキク

こんにちは(*’ω’*)アシスタントの桜山 結子(さくらやま ゆうこ)です。

最初の話題は、「GO TO EAT」について。
コロナで自粛等の影響により、大きな影響を受けている飲食業に対して、
期間を限定し、需要喚起を図る官民一体型のキャンペーンです。
このキャンペーンは2種類存在します。
1つは「オンライン飲食予約サイト経由で、キャンペーン期間中に
予約・来店するとポイントがもらえる」取り組みです。
昼食時間帯で500円分、15:00~は1000円分ポイントが付く、
1回の予約で10人分まで可能、というお得なものです。
予約サイトは13社あり、この中でもそれぞれポイントの付くタイミングや
更なる特典が異なります。
そしてもう一つが、各自治体で行われている「プレミアム食事券」です。
大阪の場合をご紹介します。
1万円で購入して、12,500円のプレミアム券が買えます。
発行は全部で200万セット、5回に分けて販売されます。
1回目の販売翌日にサイトを覗いて見ましたが既に完売でした。
この食事券は1人1回あたり2万円まで購入が可能です。
購入するには、“GO TO EAT 大阪”で検索し公式サイトに行くと
“食事券購入”がありそこから登録などをし“引換票番号”をGETしファミリーマートへ。
店の機械を使ってレシートを発行しレジでようやく手に入ります。
使えるお店情報も公式サイトから確認が必要ですし、
ポイントとの併用が可能かという事はお店に委託されているのでそこも確認が必要です。
また、この食事券は全国一斉に始まっていません。
国的には47都道府県でやりたいという事でした。
この機会にお得に食事してみたいですね。

続いて、キッズ先生に聞くのコーナー
「中学3年生 たなか りほ先生」でした。
まずは、“秋といえば?”の質問に“食欲”と即答でした。
好きな食べ物はサツマイモとマスカット。
マスカットは今年に入って沢山食べる機会があり“こんなに美味しかったのかな”と
驚きもあったようです。サツマイモは“焼き”が好きで、
2つに割って皮を丁寧にはぎながら食べるのが好きだそうです。
何でも出来ちゃうりほ先生ですが、実は“暗記”が苦手だそうです。
しかし学生さんは暗記がつきもの、それをどう克服しているのか聞いてみると
“ひたすら書く”でした。8~10回書いていると覚えちゃうそうです。いい事習いました!
9月に修学旅行があったのですが、丁度台風と重なり、
前日までどうなるか分からない状態でした。
無事に行く事が出来きたそうですが、
内容に変更があってホテルでトランプをひたすらやる時間があったりと、
コロナと台風が重なるとても思い出深いレアな修学旅行だったそうです。

最後の話題は、「百名水 四万十川」についてでした。
中土佐町、四万十町、四万十市を流れる四国最長の大河、
四万十川は196kmにもわたる四国最長の大河です。
四万十川の”源流点”は、高知県高岡郡津野町不入山で四国カルスト県立自然公園の
東南に位置する1,336mの所です。
ばんばさんは、2005年3月に行きましたが、とても雪深く
途中から歩いて40分ほどかけて水を飲みにいきました。
源水は40cmほどの小さな滝壺で、水はかなり冷たい、
飲んだ瞬間に“ハード”舌に膜を作る感じ、
んでいるうちに細胞が膨らんでくる様な感じがする
と当時の様子を残した音源を聞かせてもらいました。
かなりパワーのある水の様です。また、釘を舐めているような感じも
ほんの少しあり鉄分や金属の味もするそうです。
この四万十川は柴漬け漁や火振り漁、ゴリガラ曵など沢山の伝統的な漁法があります。
それだけ様々な漁法があるのは色んな魚がいるという事になります。
天然ウナギ、アユ、ゴリ(チチブ、ヌマチチブ)、
ツガニ(モクズガニ)、テナガエビなど魚種だけでも150種を超え、
日本でもっとも魚種の多い川の一つです。
その理由は、汽水、淡水と海水が混じる事により
生き物に恵まれた環境が出来た様です。
そして、四万十川には“沈下橋”が支流も含めて47(本流に22本)があり、
高知県で生活文化遺産とされています。
台風や豪雨が多い地域ならではの欄干のない橋で、
川が増水した際に水面下に沈むように作られています。
アイヌ語のシマムタ(美しい)が起源と言われる四万十川、
日本三大清流、一度行ってみたいですね。

img_8817.JPG



『ばんちゃんのコレラジオ キクキク』
毎週土曜日10:00~正午まで放送中!

投稿日:2020年10月13日(火曜日)
カテゴリー:ほ)放送局日記, は)ばんちゃんのコレラジオ キクキク | コメントする

2020年10月10日(土)ばんちゃんのコレラジオキクキク 『キッズ先生に聞く!』

皆さん、こんにちは!キッズ先生の田中莉穂です。

先日、学校で体育大会(かなり縮小されました)が行われ、
爽やかな秋晴れで、風も気持ちよい最高の一日となり、
私もリレーやダンスなど張り切って頑張りました!

さて、今日は「~の秋」ということで、
私は迷わず「食欲の秋」についてお話しさせていただきました。
食べることが本当に好きで、
いつも「ただいま!」の後は「晩ごはん、何?」が決まり文句です。
(好きなメニューなら「やった!」そうでない時は無言になります)
姉の友人のご両親が柏原市のブドウ農家さんで、
シャインマスカットをたくさん送っていただいたこともあって、
この秋はシャインマスカットにハマりました!!

次に暗記の話になりましたが、
勉強の暗記法については本当に人それぞれですよね。
私はずっと書いて覚える派なので、右手のペンダコが全然治りません。
あとはチェックペンと赤シートを使うこともあります。
今、ちょうど中間テスト前なので、両方を駆使して頑張っています!

急に秋が深まり、肌寒い日も増えてきました。
皆さんも風邪などひかないようお気をつけくださいね。

田中莉穂

投稿日:2020年10月12日(月曜日)
カテゴリー:ほ)放送局日記, は)ばんちゃんのコレラジオ キクキク | コメントする

2020年10月3日(土)ばんちゃんのコレラジオキクキク

こんにちは!(^^)!アシスタントの桜山 結子(さくらやま ゆうこ)です。

最初の話題は、「酒税改正」についてでした。
1999年以降の酒税の減少に歯止めをかける事を目的として、
類似する酒類間の税率格差を解消し、
税負担の公平性を回復する狙いで行われています。
酒税法改正は2018年に決まり、2020年10月、
2023年10月、2026年10月の3段階で変更になります。
そもそも酒税とは「酒類」に課税される税金のこと。
消費者が間接的に負担していて、消費税とは別に課せられるものです。
酒税法上でいう「酒類」とは、アルコ-ル分1度以上の飲料のことをいいます。
ビールと呼ばれる麦芽50%以上の飲み物が今回7円安くなり、
最も人気の高いと言われる第三のビール
(ビール風味飲料で糖質やプリン体が少ないもの)が11円UPしました。
2026年10月にが、ビール、発泡酒、第三のビールは全て55円に統一され、
ビールが好きな方には嬉しいニュースです。
これをうけ小売店や飲食業界でも色んな変化が出ています。
とある飲食チャーンは期間限定で生ビールを税抜き100円で提供したり、
大手スーパーのプライベートブランドの第三のビールは、
増税しましたが消費者の家計を応援したとの理由から金額据え置きにしたり、
スーパーやコンビニは一斉に値上げ、
減税のビールは値下げと税金の動きに合わせていたりと様々な動きが出ています。
お得な部分もありそうなので、この機会に楽しむのもいいかもしれません。

続いて、キッズ先生に聞くのコーナー
「小学年6生 あべゆいか先生」でした。
ゆいか先生にとって秋は、“読書の秋”だそうです。今読んでいる本は、
“パーティー編集部”という本でした。
学校で今起こっている事を雑誌で生徒に紹介しますお話のようで、
登場人物たちが自分の年齢に近い事とその人物たちの
ワードセンスのカッコ良さに惹かれたそうです。
好きな科目は家庭科だそうです。
今は、ナップサックを作っているそうです。
私の時代も作っていたのでこれは、変わらないんですね。
犬の人気キャラデザインを選びミシンを使って縫うようです。
逆に苦手なのは、“走る事”ばんばさんのお孫さんは、
走る教室に通ってかなり改善されたと言っていました。
昔からあったんでしょうか?ちょっと通ってみたいです。
そして休み時間の過ごし方は、今大人気のアニメの絵をみんなで描く事だそうです。
将来の夢も教えてもらいました。飼育員さんになりたいそうです。
どうか夢が叶います様に。

最後の話題は、百名水シリーズより
高知県高岡郡越知町にある「安徳水」についてのお話しでした。
安徳という名前は81代天皇がこの水を飲んだという説からきています。
ばんばさん言わく百名水の中で天皇の名前がつくものはここだけとの事でした。
県立自然公園横倉山の頂上付近に湧き出ている水でかなり険しい場所にあります。
4億5千万年前の日本最古の化石や樹齢700年を超える樹木などがあります。
湧き水の大きさは、大きくみて10帖程で水深約30cmとコンパクトな名水です。
水温は一年を通して12-13度で、飲用に適した温度のようです。
ばんばさんの味の感想は、“うまい、柔らかい、舌の上に膜を作ってくれるような水
”また“地球の歴史をいただいてるような水”との事でした。
とてもロマンを感じる味のようで飲んでみたいですね。
しかしこの安徳水は飲用する際に煮沸消毒が必要のようで、
持ち帰るまでの時間によって水の劣化が進んでしまうため、
ペットボトルなどの容器を持参していたとしても、
持ち帰ることは控えた方がよいとなっています。
スーパーやインターネット通販などで販売がされていない水なので、
味わうためには現地に訪れるしかない超貴重な水です。
地層がとても珍しい場所で、もともとこの横倉山は、
赤道近くのサンゴ礁をともなう小さな大陸で、
長い時間をかけて現在の場所にきました。
この様な奇跡もあって名水が誕生したんですね。
更に、世界的な植物学者である牧野富太郎博士が興味を示し、
現在でも研究者の研究対象として横倉山は認識されています。
1300種類もの植物がみられる植物の宝庫です。
大きいものだと7m~8mの幹を持つ物や10m~20mと背の高い木などがあり
自然豊かな場所です。
ここでしか飲む事の出来ない名水、一度味わってみたいですね。

安徳水を訪れた馬場さん(2005年)
666.jpg


気付かれましたでしょうか?
放送日の馬場さんは安徳水を訪れた際に着ていたベストを着用!
5.jpg



『ばんちゃんのコレラジオ キクキク』
毎週土曜日10:00~正午まで放送中!

投稿日:2020年10月6日(火曜日)
カテゴリー:ほ)放送局日記, は)ばんちゃんのコレラジオ キクキク | コメントする