放送局日記について

放送局日記では、番組内容やパーソナリティの近況報告、イベント、番組プレゼントなどの最新情報を随時ご紹介していきます。
RSSで最新情報を受信するRSSで最新情報を受信する

番組紹介&パーソナリティ

イベント情報

スポンサー

カタリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

放送局日記内検索

放送局日記

カテゴリー「は) ばんちゃんのコレラジオ キクキク」

カテゴリー「は) ばんちゃんのコレラジオ キクキク」の記事をご覧いただけます。

2022年1月15日(土)ばんちゃんのコレラジオキクキク

こんにちは(*^^)vアシスタントの桜山 結子(さくらやま ゆうこ)です。

最初の話題は、「中学入試 筆記だけでなく」でした。
放送日が1/15で大学入学共通テスト当日という事もありこの話題になりました。
ばんばさんは受験のプロ!?数えきれない程受験をして、
半ばトラウマになる程大変だったと言っていました。
皆さんは受験にどんな思い出があるでしょうか?

さて、タイトルにある様に、
今の中学入試がなんと従来の国算理社の筆記試験から、
学校が重視する力を問う方式へと広がりつつある様です。
例えば、キャンプ場にゴミが散乱たり、
タバコをポイ捨てする人などが描かれたイラストを見て、
「私に何ができるか」を300字程度で書くという問題が出題されたりする様です。
また、SDGsの観点から受験生が感じている社会課題と解決策を
約20分間プレゼンする面接などもあります。
それに、習い事やスポーツなどこれまでやって来た事を
自分の言葉で説明するという内容のものもります。
国算理社の勉強も大変ですが、“自分の考えを発表する”という方法を
学生時代に学んで来なかった私は、度肝を抜かされたと同時に
その様な教育をしている小学校教育が素晴らしいと感じました。

ばんばさんは、昔はみんな同じ考え、学力を求められていたが、
今は多様性が求められる時代になっていると思うと言っていました。
これまでの筆記だけの試験だと受験する生徒が減少していた事も
要因にある様ですが、この様な入試方法を取る事で、
色んな分野で頑張って来た生徒が集まり多様性を互いに認めたり
刺激になったりする事など良い面があるようです。
受験生の皆さんどうか笑顔で春が迎えられます様に🌸

続いて、キッズ先生のコーナー
「小学4年生 阿部 晄大先生」でした。
最初の話題は、冬休みの過ごし方について。
神戸と九州の祖父母の家に行ったそうです。
九州では、ゲームセンターに行きクレーンゲームで
ゲームキャラのカメをGETする事が出来たり
いとこと一緒にスパイダーマンの手首から
蜘蛛の糸が出る道具を作ったりしました。
また、雑煮やお餅を食べたそうです。
それとお年玉もかなりもらう事が出来たそうで、スパイダーマンの映画を見て、
余ったお金はお母さんに預けたそうです。

続いて、学校の新しい係について。
3学期は体育の時間に教室を施錠する“戸締り係”と
登校後教室で名札を配る“名札係”を担当しているそうです。
昔は家から名札を付けて行き、校門で校長先生などから
チェックされていた覚えがありますが今は違う事にスタジオみんなで驚きました。

最後に今年の目標を聞きました。“寝坊しない”でした。
習い事のサッカーに行く時に時々寝坊する事がある様で
そこを今年は無くしていきたいと話してくれました。

最後の話題は、百名水「甘露泉水」part2でした。
甘露泉水は、北海道利尻郡利尻富士町鴛泊富士野にある最も北にある百名水です。
稚内から1時間40分ほどフェリーに乗り、
鴛泊港で下船してから1時間15分ほど歩いた場所にあります。

島の名前の由来ともなっている“リイシリ”とは
アイヌ語で“高い山のある島”という意味です。
甘露泉水は、海から突き出ているかのようそびえ立つ百名山のひとつ
“利尻山”にはぐくまれた湧き水です。
ばんばさんはそこまでは長くは感じなかったと話していましたが、
一説には20年~30年かけてろ過された水とも言われています。
火山性の地質をゆっくりと浸透することで、ミネラルたっぷりの上質な水となり、
味わいはまろやかで口に含んだ時に“甘い”と感じる事から
“甘露泉水”と名前が付けられました。

さて、ばんばさんの飲んだ感想ですが、
「甘い、奥の方に雪の味がする、丸い感じ、
 体液に似ている、止まらない10杯は飲んだ」でした。
凄まじく美味しかったのがとても伝わってきました。
ばんばさんが言っていた様に、甘露泉水のペーハー値は7.7の弱アルカリで、
人の血液のペーハー値が7.4前後なので、数値がとても近く浸透しやすく、
身体に負担をかけずに水分補給の出来る水の様です。

名水のある利尻島では、コマドリ、クマゲラ、ヒガラなど
300種以上の渡鳥が観測され自然も楽しむ事ができます。
また利尻山の標高は1,721mとそれほど高くはありませんが、
高緯度にある為本州の3,000m級の山に匹敵する高山植物を楽しむ事ができます。
行く事は容易ではありませんが、行って損する事のない百名水だと思いました。
いつか行ってみた名水がまたひとつ増えてしまいました。

img_02621.jpg

img_0263.JPG


『ばんちゃんのコレラジオ キクキク』
毎週土曜日10:00~正午まで放送中!

投稿日:2022年1月20日(木曜日)
カテゴリー:ほ) 放送局日記, は) ばんちゃんのコレラジオ キクキク | コメントする

2022年1月8日(土)ばんちゃんのコレラジオキクキク

こんにちは(‘ω’)ノアシスタントの桜山 結子(さくらやま ゆうこ)です。

最初の話題は、「住みたい所に帰れる家を」でした。
アドレス(住所)をホッピング(転々と)。
定住する家を持たず移動しながら生活する
生き方を実践する人がテレワークの影響で増えてきたようです。

では、どこに住むのか?ホテル・ゲストハウス・マンスリーマンションなど。
住民票や郵便物は?会社関係の住所や実家に住民票を置いたり、
拠点となる家やホステルに住民票を置けるサービスもある様です。

色んな刺激があって私はいいなと思いましたが、
そんな簡単に住む場所が見つかるのかなと疑問が湧いてきました。
するとこのような方々を支援するサイトがかなりあるようです。
例えば月額4万円~で、敷金・礼金無し、水道光熱費込みで
家具付きなどお得なものも。
これは、定住するよりもお得に生活できるかもしれませんね。

また、色んな方々との出会いもありよい刺激を受ける事も出来そうです。
今は、パソコン1つでどこでも仕事が出来るとか会社によっては、
住所はどこでもOKという所もあります。

実は、コロナ以前からこの様なスタイルで生活する方はいました。
オフィス以外の様々な場所で仕事をする“ノマドワーカー”や
仕事・生活などの生活拠点を2重にする“デュアラー”
仕事は都会で、生活は田舎でなど分けるスタイルです。
ばんばさんは、意外にも引っ越しは、少なめなほうでした。
なのでこの様な生活に憧れるし、これから挑戦してみたいと言っていました。
皆さんは、いかがですか?

続いて、キッズ先生のコーナー
「小学5年生 松尾 里沙子先生」でした。
最初の話題は、年末年始の過ごし方について。
特にする事がなく映画を沢山見たそうです。
タイタニックやハリーポッターなど里沙子先生の生まれる前の作品です。
それに韓国ドラマ!韓国の俳優さんの演技力が凄いと言っていました。
舞台女優さんになりたいという夢もある里沙子先生は、
しっかり映画やドラマを見て勉強していて凄いです。

続いて、おせち料理を食べたか聞いてみると“おせちは苦手、
栗きんとんだけ食べた”との事。
お餅は喉に詰まりそうで食べられないそうです。
ばんばさんは、お餅があれば何にもいらないのに、、、と
ちょっと悲しそうでした。

最後に今年の目標を聞いてみました。勉強全般を頑張る!
特に分数の足し算など頑張りたいと言っていました。

最後の話題は、百名水「甘露泉水」part1でした。
甘露泉水は、北海道北部に位置する利尻島にあります。
稚内から約52km離れておりなかなか行く事の難しい名水です。
北海道の富士山とも称され、日本名山百選にも選ばれた名峰、
利尻山(1721m)に降った雨や雪解け水が地下に浸み込み、
長い年月をかけてゆっくりと育まれた湧水です。

さて、このいかにも美味しそうな名水を求めて、
日本の一番北にある名水を目指し
ばんばさんは様々な交通手段を使って向かいました。
まずは、関西国際空港から今はなきジャンボの飛行機に乗ります。
勿論、ばんばさんの席は窓側です。
上空からの景色を楽しみながら新千歳空港まで向かいますが、
思ったり揺れが激しくその後に移動にも影響がある、、、。
雲の上に行くとようやく安定した走行になります。
すると温かいおしぼりと日本茶と羊羹のサービスがあり癒されたそうです。
空港に到着すると列車で札幌まで向かい、
そこから寝台急行に乗って疲れていたのか直ぐに寝てしまい、
次に目覚めた時は下車駅の1つ前!
慌てて着替えて無事稚内へ到着する事ができました。
稚内からフェリーで利尻島へ向かう為バスで移動します。
道中まるでパルテノン神殿の様な場所を通ります。
これは“稚内港北防波堤ドーム”といって、
1936年に完成した全長427m、高さ13.6m、
柱の数は70本の半アーチ型の古代ローマ建築を想わせる回廊で
世界でも珍しい建築物です。
稚内は一年中強い風が吹き、波も高く、
ドームができるまでの小さな防波堤では波が防波堤を越え、
人が海に転落する事故もあった事で作られました。
ドームを通り過ぎ、いよいよ利尻島へ向かう為の港へ到着します。
なんと時化(しけ)の為フェリーが欠航になりました。
ばんばさん一行はラジオ放送をしないといけない為
同行したディレクターさんなどが大慌てでどうにか島にいけないか
交渉しますが結局フェリーは出ませんでした。
すると飛行機がある事で気付き、急いで空港に移動します。
空港に到着すると航空会社のスタッフさんは誰もいません、
時間が早すぎたようです。
その後ようやく航空会社のスタッフさんがやってきて
飛行機が飛ぶか確認すると飛行機は飛ぶが満席!
と絶体絶命の状態。
しかし放送しないといけないので臨時便を出してもらえないか交渉、
他にも乗りたいお客さんがいて見事臨時便が出る事になりました。
しかし飛行機は信じられない程大揺れ、操縦席では立った状態で
操縦するパイロットの方の様子が見えるほどでした。
今回はここまで、次回いよいよ水を飲みます。
こうご期待下さい。
img_0959.jpg

img_0239.JPG
この日スタジオ前まで番組を聴きに来てくださった方に
2021年最後にご紹介した名水「布引渓流」の水 “神戸ウォーター”を頂きました!
神戸ポートタワーの形、そしてキャップもかわいい^^
img_0241.JPG
ごちそうさまでした!


『ばんちゃんのコレラジオ キクキク』
毎週土曜日10:00~正午まで放送中!

投稿日:2022年1月13日(木曜日)
カテゴリー:ほ) 放送局日記, は) ばんちゃんのコレラジオ キクキク | コメントする

2021年12月25日(土)ばんちゃんのコレラジオキクキク

こんにちは(*’ω’*)アシスタントの桜山 結子(さくらやま ゆうこ)です。

最初の話題は、「雪話し」でした。
世界的に見て、日本は雪が多く降る国ってご存知ですか?
人口10万人以上の世界の都市年間降雪量ランキングを見ると

1位:青森市(約7.92m)
2位:札幌市(約4.85m)
3位:富山市(約3.63m)

とベスト3は日本の都市です。
日本は、夏は暑いですし高湿度、もっと寒い場所なんて世界中沢山あるのに、
この様な結果になるのが不思議だなと思いました。
しかしちゃんとその理由があります。
その理由は

“寒いこと”
“水蒸気が多いこと”
“上昇気流があること”

の3つです。

まず“寒いこと”
ユーラシア大陸から冬になると乾いた冷たい空気が日本に向かって吹きます。
この冷たい空気が雪が降る事に繋がります。

続いて、“水蒸気が多いこと”
これは、西風に乗って雪雲は日本にやってきて、
この雪雲が上昇気流に乗って上空にあがっていくと
気温が低くなり雪が降る仕組みです。

最後は“上昇気流があること”
これはポイントが2つ、1つ目は、
低気圧の中心に向かって高気圧から風が吹く。
低気圧の中心に集まった空気は空に上昇、
この上昇気流で雲が発生し冬に雪が降ります。
2つ目は、雪雲が山にぶつかると上昇、この時に雲が発達し雪が降ります。
日本は国土の7割が山地と丘陵地で出来ていて、
この地形も雪が多くふる要因ともなっています。

続いて、キッズ先生のコーナー
「小学4年生 田中 凛華子先生」でした。
最初の話題は、“和菓子派?洋菓子派?”について。
洋菓子だとケーキ、チョコレート、アイス、シュークリーム
と沢山あげてくれました。一番はケーキが好きで
Xmasイヴはショートケーキを堪能したそうです。
和菓子も好きで、お饅頭やお団子、御餅が好きだとか。
凛華子先生は甘党でした。

続いて“Xmasプレゼント”について。
サンタさんがちゃんと可愛いラッピングをして置いて行ってくれたそうです。
その中身は、人生ゲームと金髪で青い目のルーシーちゃんというお人形でした。
これは事前にサンタさんにお願いしていたそうです。
凛華子先生にサンタさんはどこから来るのか聞いてみると
“窓からかな?”と答えてくれました。

最後に、凛華子先生にとって今年はどんな一年だったか聞いてみました。
学校の行事が以前に比べて増えてとても楽しい一年だったそうです。
未だコロナの終息時期がわからない状況ですが、
今後も学校行事が出来るようになるといいですね。

次は、百名水「布引渓流」でした。
布引渓流は兵庫県神戸市中央区葺合町にあります。
雄滝、夫婦滝、鼓滝、雌滝という美しい滝からなる布引の滝は、
三大神滝と呼ばれています。
布引渓流には直接湧き水を汲み上げる場所がないため、
水を送水管などで各所に送って汲み上げるシステムになっています。

布引渓流は、平安時代の和歌にも多く詠まれており、
古くから親しまれてきました。
明治33年には生田川の上流を堰き止めて布引貯水池が作られ、
水道水源として利用されています。
この水はなんといっても“腐らない水”として世界的に有名な事です。
1868年世界へと繋がる窓として神戸港が開港、
港に立ち寄る船にとって大切な事のひとつが“水の補給”です。
1905年より船舶への給水事業を開始、外国の船乗りから
“赤道を越えても腐らないおいしい水”と評判になり
“こうべウォーター”と呼ばれるようになります。
現在ではその特徴を生かして、
災害に備えた保存用の水として購入されることもある様です。
なぜ、腐らないのかそれは、
“天然の抗酸化物質”が含まれているからです。
腐らないだけでなく、美肌効果や病気の抑制なども期待できるようです。
ばんばさんの水を飲んだ感想は、軟水で、混じりけのない、
真っ直ぐな味だそうです。
今も昔も変わらず美味しいお水のようです。

最後の話題は「今年のふり返り」ばんばさんに答えてもらいました。
まずは、“今年一年どんな一年だったか”生活がガラリと変わったそうです。
奥様の看病をしたりスーパに行ったり、
これまでしてこなかった事をやる様になりました。
最初の頃はキュウリ3本300円の高級野菜を購入したり、
傷んでいる野菜を買ってしまい交換に行く事もありましたが、
今ではどこの店は、これが美味しいとか何時に割引シールが貼られるなど
とても詳しくなられていました。

続いて“ずばり漢字一文字で今年を表すと”“買”でした。
今度、ばんばさんの買い物姿を取材してみたいです!

最後は、放送当日がXmasだったので“欲しい物”を聞いてみました。
答えは“スマートフォン”でした。
今年、目の手術をされてから驚くほど見える様になりました。
それもあって、今のガラケーから買い替えたいと言われていました。
スマホを使うのは簡単ではないのに
80歳を超えてもまだまだ進化を続けるばんばさんの姿勢が
本当に素敵だなと感じました。

今年もラジオをお聴きいただき、
温かいメッセージを下さり皆様本当にありがとうございました。
また、来年もどうぞよろしくお願いいたします。

img_01900.jpg


『ばんちゃんのコレラジオ キクキク』
毎週土曜日10:00~正午まで放送中!

投稿日:2021年12月27日(月曜日)
カテゴリー:ほ) 放送局日記, は) ばんちゃんのコレラジオ キクキク | コメントする

2021年12月18日(土)ばんちゃんのコレラジオキクキク

こんにちは(๑˃̵ᴗ˂̵)アシスタントの桜山 結子(さくらやま ゆうこ)です。

最初の話題は、「オウム貝」でした。
オウム貝は、オウムガイ科に属する軟体動物で
イカやタコ、アンモナイトはこのオウム貝から派生したものだそうです。
4億5000万年前から5億年前に誕生し原始的性質を色濃く残した事で
”生きている化石”と呼ばれています。

元々はオウムガイもアンモナイトと同じ浅い海に生息していました。
生物の多い浅い海では、
動きの遅いオウムガイは競争に敗れ、深海へと追いやられました。
素早く動くことができたアンモナイトは浅い海に残ります。
しかし、氷河期がやってきて、気候変動の影響を受けアンモナイトは絶滅。
オウムガイは深海にいたため影響を免れ、現代にまで生き残った様です。

南太平洋 〜 オーストラリア 近海に生息し、水深100m〜600mで生活しています。
水深が 800mを超えた所では殻が水圧に耐えきれず壊れてしまう様です。
オウム貝の貝殻の中は、細かく区
分けされていて、出口に近い場所にのみ体を入れています。
それ以外の区画にはガスと液体が入っていて、浮力を得る仕組みになっています。
この液体の塩分濃度を調整することでガスとの容積比率を調整し、
浮いたり沈んだりすることを可能にしています。
オウム貝の名前の由来は、貝の出口を正面にみると鳥のオウムに
とてもよく似ている事から付けられた様です。

img_0167.JPG

続いて、キッズ先生のコーナー
「小学4年生 馬場綾音先生」でした。
最初の話題は、先月家族で出かけた和歌山旅行について。
露天風呂から見た美しい星空が1番心に残ったそうです。
また、吊り橋を渡ったそうで、最初はかなり怖かったけど、
帰りは慣れてしまって怖さがなくなり、楽しめたそうです。

続いて、和菓子派?洋菓子派?について。
綾音先生は、両方好きだそうです。
和菓子は、あんこやみかんが丸ごと入った大福が好きだと話してくれました。
洋菓子は、チョコレートが好きだそうです。

次に、今、欲しいもの。
”体力”とまたまた面白い答えが返ってきました。
特に走る体力が欲しいそうです。それと、好きなアニメキャラクターのキーホルダー。
今月のお小遣いを貯めたら買えそうと話してくれました。
ちゃんと自分で買おうとしている姿勢が素敵ですね。

最後に今年どんな一年だったか教えてもらいました。
友達とホームハロウィンパーティーをした事がとても楽しかったそうで、
来年も何かしらのパーティーをやりたいと話していました。

最後の話題は、百名水「観音水」でした。
観音水の採水地は、愛媛県の西予市宇和町明間(あかんま)にあります。
選定当時から観音水の水量は変わりなくその水量は 1 日に約 8,000 トン。
湧き出る水の音以外はとても静かで自然が豊富なことから
市の名勝に指定されるようになりました。

観音水の名前の由来は、天正時代に兵頭藤右衛問一族の一人が観世音に
「御利生に水を…」と念じ、山から清水が湧き出した事だと言われています。
名水の中でも比較的水質が良いことから、
現代でも”天の水”や”霊水”などとして崇められています。

硬度は、1 リットルあたり平均 66mg、日本の名水の中では
比較的硬度が高いため、飲みごたえのある名水です。
ばんばさんの飲んだ感想は、発泡性があり、極端に冷たく、
舌の上に膜をはるような感じがする、美味しいが個性の強い味だそうです。
ナトリウムイオン、カルシウムイオン、カリウムイオンが主成分となっています。

観音水の水源は歯長峠に近い標高 312mの杉林の鍾乳洞内にあります。
雨水や地下水によって石灰岩が溶けてできた鍾乳洞から流れ出る水には
ミネラルが含まれています。水温は一年を通して約 14 度、
ばんばさんの行った9月下旬は16度程だったそうです。
どの時期でも飲用に適している様です。

観音水の真横では、4月下旬から9月上旬まで
”観音水そうめん流し”を開催しています。
昨年はコロナの影響で中止になりましたが、
今年は桶などで個別に提供され開催されていました。
名水のせせらぎを堪能しながら贅沢な時間を過ごしてみたいですね。

img_0169.JPG


『ばんちゃんのコレラジオ キクキク』
毎週土曜日10:00~正午まで放送中!

投稿日:2021年12月21日(火曜日)
カテゴリー:ほ) 放送局日記, は) ばんちゃんのコレラジオ キクキク | コメントする

2021年12月11日(土)ばんちゃんのコレラジオキクキク

こんにちは(*’ω’*)アシスタントの桜山 結子(さくらやま ゆうこ)です。

最初の話題は、「木曽駒ケ岳で半世紀前に絶滅した雷鳥復活作戦」でした。
雷鳥は全長37cmで氷河時代から生きています。
飛騨山脈(北アルプス)、赤石山脈(南アルプス)など
日本アルプスの一部高山帯のハイマツ林のみに生息する特別天然記念物です。
1980年代の調査で約3千羽でしたが、最近は2千羽以下に激減しています。
半世紀前までは、中央アルプスにも生息していましたが、
登山者や観光客が押し寄せるなど
自然環境が大きく変わった事などから絶滅してしまいました。
しかし2018年7月に中央アルプスの木曽駒ケ岳で
メスの雷鳥が確認されました。
久々の発見から程なく調査が行われると近くのハイマツ林で
卵3個が残された巣がありました。

雷鳥のメスはオスがいなくても本能的に無精卵を産んで抱卵する習性があります。
その後遺伝子解析が行われ、この雷鳥が北アルプス系統と判明し
乗鞍岳(北アルプス系)で採取した有精卵と飛来メスの無精卵を
交換し育てさせるという驚きの作戦が施され見事成功しました。
しかしその後テンなどの天敵に襲われたか、低温などでヒナは全滅しました。
その後対策として夜間は木枠と金網製のケージに保護し
日中は外で自由に過ごさせる方法を取り24時間体制で管理しました。
私は直ぐに動物園で育てたらいいのに、、、と思いましたが、
それが出来ない様なのです。
雷鳥のヒナはふか後2週間程は母鳥が出す糞を食べ、
エサの高山植物に含まれる毒素を分解できる腸内細菌を獲得します。
更に、寄生虫を受け継がないと、その寄生虫の耐性がつかず、
野生では死んでしまうからです。
ヒナがふかして少し時間が経った後に家族ごとヘリに乗せ、
長野と那須の動物園に移され飼育されました。

この様な斬新なアイデアで2025年には60~100羽まで増やす予定だそうです。
どうか少しずつでも雷鳥が増えるといいですね。

続いて、キッズ先生のコーナー
「小学4年生 阿部 晄大先生」でした。
最初の質問は、前回お小遣いを貯めて12月にあたまに
お友達と“映画を見に行く”と言っていたのでそこから聞いてみました。
無事に映画は見る事が出来、しっかり貯めたお小遣いで
キャラメルと塩味のポップコーンも堪能しました。

続いて、“洋菓子派?和菓子派?”について、晄大先生は両方!
と元気に答えてくれました。甘党の様です。
洋菓子だとプリンやケーキ、和菓子だとみたらし団子が好きです。

次に、“今欲しい物”を聞いてみました。答えはスマホでした。
クラスの半分くらいは持っている様で、
みんなとLINEをしたいと言っていました。
ごはんの準備やお風呂の準備など頑張ったら
買ってもらえそうだと話してくれました。

最後に、今年一年、どんな一年だった聞くと
“わかりません!” 全く予想もしていなかった答えが返ってきて、
スタジオは爆笑に包まれました。
今年4月からキッズ先生に仲間入りしてくれた晄大先生、
回を重ねる毎に色んな話をしてくれるようになりました。
来年ももっと晄大先生の魅力を皆さんにお伝えしていきたいと思います。

最後の話題は、百名水「千種川」でした。
千種川は“近畿の名水百選”にも選ばれています。

千種川は、流域面積は約750平方km、長さはおよそ70kmで、
兵庫県西南部の宍粟市を流れ播磨灘に注いでいます。
千種川の水源は、兵庫県と岡山県と鳥取県の県境に位置する
標高1098mの江浪峠にあり上流から下流にかけてダムが無く、
川沿いには景観を活かしたキャンプ場などの
野外活動施設が整備されています。

ばんばさんは、水の音が色んな音がする、
まるで“オーケストラの様だった”と話していました。
水質は良好で、飲用が認められているのは
高原スキー場にある“ラドンの泉”です。
因みにスキーシーズンの11/1~3/31は飲む事が出来ません。
味は、とにかく美味しい、何杯でも飲める、少し硬水系、
ヨーロッパの水に近い、ちょっと発泡性がありキリっとしているそうです。

千種川は元々“くまみがわ”と呼ばれていました。
“くまみ”とは、くまのあるところ、曲がり角という意味です。
丈夫な堤防が出来るまではくねくね曲がっていた様です。
それともう一つ名前の由来に関する話があります。
聖徳太子の補佐役を務めていた“秦河勝”が
自分の土地を敵から守る時に夜中、敵陣に若い娘15人を忍び込ませ
“熊を見た”“大蛇を見た”“虎を見た”など次々と言わせます。
その結果、敵は混乱し見事打ち勝つ事が出来ました。
この時の“熊を見た”から熊見川となったというお話です。
とても透明度も高く周りも自然溢れるこの千種川、
是非一度行ってみたいです。

img_0140.JPG


『ばんちゃんのコレラジオ キクキク』
毎週土曜日10:00~正午まで放送中!

投稿日:2021年12月16日(木曜日)
カテゴリー:ほ) 放送局日記, は) ばんちゃんのコレラジオ キクキク | コメントする